FileMaker

お役立ちブログ

Modの時間や年月の変換活用について​

今回は、測定単位を変換する場合に活用できるMod関数について紹介します。

まずは、公式サイトの構文と例をご紹介します。

Mod
除数で数値を割った後の余りを返します。

構文

Mod (数値 ; 除数)

例 1

210 割る 4 を計算すると、余りは 2 になります。

Mod (210 ; 4) は、「2」を返します。

例 2

時間の「時」を 24 時間制から 12 時間制に変換します。24 時間制フィールドに 16 が含まれている場合、次のようになります:

Mod (24 時間制 ; 12) は、「4」を返します。

例 3

月数を年数と余りの月に変換します。「月数」フィールドに 31 が含まれている場合、次のようになります:

Int (月数 / 12) & “年、” & Mod (月数 ; 12) & “か月” は、2 年、7 か月 を返します。

例えば、例3については、入力時にわざわざ “ヶ月” “年”と言った単位の表記をするのはめんどくさい場合もありますよね。

フィールド自体は月数での入力にしておき、

Int (月数 / 12) & “年” & Mod (月数 ; 12) & “か月”

等と計算式で表記する、または計算フィールドを持っておきそれを表示することができます。

上記のように、Int と Modという2つの数字関数を組み合わせることで、表示方法の幅が広がります。

(過去記事 Int関数について : https://kawai-j.co.jp/filemaker/13910/int/ )

ぜひ活用してみてください。

参考:
Claris FileMaker Pro 19 ヘルプ: リファレンス>関数リファレンス>テキスト関数>Mod
https://help.claris.com/ja/pro-help/content/mod.html(2022-05-30閲覧)

FileMaker開発記事

CRM 顧客管理システム

顧客の現状を俯瞰し、商談状況を一望、そして営業成績を向上させる……企業が顧客との関係をより深く把握し、戦略的に顧客へアプローチすることが可能になるシステムです。

受発注システム [EC-CUBE連携]

受発注業務をEC-CUBEと連携する事により、顧客情報と受注情報それぞれの入力を自動化。その後の各種事務手続(伝票作成・郵送業務・売上レポート作成等)すべても同時に効率化するツールです。

墓掃除システム

墓地管理、墓地清掃、供花管理など、定期的な作業を標準化。煩雑な業務作業の見える化を可能にするシステムです。

栽培管理システム

栽培管理システム とは、植物工場 での野菜栽培において、膨大なデータを一括管理できるシステムです。高品質な野菜を栽培するために必要なあらゆる情報を見える化し、業務効率向上を図ります。

その他の記事

GetFieldについて

今回は、フィールド名を評価して、指定したフィールドの内容を返してくれる、GetFieldについてです。

Year,Month,Day について

この3つの関数は、日付の値を返す関数で、単独で使用することもできれば、先週ご紹介したDate関数と組み合わせて活用することもできます。

関数 SortValues について

SortValuesは、指定の値一覧をソートしてくれる関数です。テキスト順、日付順など、希望の順序で値を取り出すことができます。