FileMaker

お役立ちブログ

グローバルフィールドについて

前回がグローバル変数についての記事でしたので、今回はグローバルフィールドの設定方法や活用方法についてご紹介します。

グローバルフィールド(グローバル格納を使用するフィールド) の定義

グローバル格納を使用するフィールド (グローバルフィールド) には、ファイル内のすべてのレコードで共通に使用される単一の値が含まれています。
グローバルフィールドには、そのフィールドが非関連テーブルで定義されている場合でもファイルのすべてのコンテキストからアクセスできます。

上記の通り、グローバルフィールドに格納された値は、全てのレコードで共通に使用されます。
グローバルフィールドに設定しておくことで、テーブルオカレンスの異なるレイアウトでも関係なく表示することができます。

設定方法は、フィールドのオプションにてグローバル格納にチェックをいれることで適用されます。

グローバルフィールドの長所の一つに、メンテナンス性の高さがあります。

例えば、会社の連絡先を
・見積テーブルで作成する見積書
・販売テーブルで作成する請求書
・契約テーブルで作成する契約書
それぞれに記載したい場合

方法としては
1.各レイアウトに直接記載する
2.各テーブルのレコードに値を保存しておく
3.会社情報テーブルの”会社連絡先”フィールドをグローバル格納しておく

等が挙げられるかと思いますが
メンテナンス性が一番いいのは3番です。

1.2.に関しては、変更があった際に、3つのテーブルやレイアウトをそれぞれ変更する必要があります。
一方で3.は、会社情報のテーブルのひとつの値を変更するだけなので漏れなく変更作業を完結させることができます。

FileMaker開発記事

栽培管理システム

栽培管理システム とは、植物工場 での野菜栽培において、膨大なデータを一括管理できるシステムです。高品質な野菜を栽培するために必要なあらゆる情報を見える化し、業務効率向上を図ります。

葬儀システム

葬儀プランを構成する複雑な商品・サービスのすべてをシステム上で一元管理。受付から施工・請求までスムーズに対処できます。タブレット活用により、誰でも簡単にプラン見積が可能に。

受発注システム [EC-CUBE連携]

受発注業務をEC-CUBEと連携する事により、顧客情報と受注情報それぞれの入力を自動化。その後の各種事務手続(伝票作成・郵送業務・売上レポート作成等)すべても同時に効率化するツールです。

CRM 顧客管理システム

顧客の現状を俯瞰し、商談状況を一望、そして営業成績を向上させる……企業が顧客との関係をより深く把握し、戦略的に顧客へアプローチすることが可能になるシステムです。

その他の記事

Year,Month,Day について

この3つの関数は、日付の値を返す関数で、単独で使用することもできれば、先週ご紹介したDate関数と組み合わせて活用することもできます。