FileMaker

お役立ちブログ

Get (変更されたフィールド)について

現在のテーブルの現在のレコードで変更されたフィールド一覧を返す取得関数についてです。

下記にヘルプページ掲載の構文と説明を記載します。

構文

Get (変更されたフィールド)

例 1

「請求書::顧客名」および「請求書::会社」フィールドが変更され、レコードが開いている場合、Get (変更されたフィールド) は次を返します:

顧客名
会社

FileMakerは基本的に入力データが自動保存されていきますが、場面場面では入力内容の保存有無を確認したい場合もあるかと思います。

この関数をうまく活用すれば、FileMakerでコミットコントロールをかけることも可能です。

フィールドのスクリプトトリガ(OnObjectSave等)に設定すれば入力項目単位、レイアウトのスクリプトトリガ設定(OnRecordCommit等)をすればその画面全体の項目に対して適応できます。

“Get(変更されたフィールド)がある際には、保存の有無をダイアログで確認する”

といった具合にスクリプトを仕込めば可能です。

ぜひご活用ください。

参考:
Claris FileMaker Pro 19 ヘルプ: リファレンス>関数リファレンス>取得関数>Get (変更されたフィールド)

https://help.claris.com/ja/pro-help/content/get-modifiedfields.html( 2022-12-05閲覧)

FileMaker開発記事

栽培管理システム

栽培管理システム とは、植物工場 での野菜栽培において、膨大なデータを一括管理できるシステムです。高品質な野菜を栽培するために必要なあらゆる情報を見える化し、業務効率向上を図ります。

受発注システム [EC-CUBE連携]

受発注業務をEC-CUBEと連携する事により、顧客情報と受注情報それぞれの入力を自動化。その後の各種事務手続(伝票作成・郵送業務・売上レポート作成等)すべても同時に効率化するツールです。

修理受付システム

修理受付から請求までの業務を一元管理。Web予約連動、クレジット請求連動などの業務を効率化します。ほか顧客履歴、部品在庫管理、発注リストなどあらゆる関連業務に対応しています。

墓掃除システム

墓地管理、墓地清掃、供花管理など、定期的な作業を標準化。煩雑な業務作業の見える化を可能にするシステムです。

その他の記事

Case について

Case関数は、条件分けを行いながら1つの結果を導き出すことができる、非常に便利な関数です。

DayOfWeekについて

今回は、計算式で週の月曜日の日付を算出する方法をご紹介します。
関数は、DayOfWeekを使用します。