FileMaker

お役立ちブログ

OnObjectKeystrokeについて

今回はトリガの種類の1つのOnObjectKeystrokeについて紹介します。

OnObjectKeystroke

・オブジェクトがアクティブで、直接または IME (input method editor) のいずれかのキーボードから 1 つ以上の文字が入力されたときに、スクリプトが実行されます。

・Get (トリガキー入力) 関数を使用して、スクリプトトリガをアクティブにした文字を返します。

・結果は、トリガされたスクリプト内で [現在のスクリプト終了] スクリプトステップを使用して真 (True) または偽 (False) を返します。

真偽の結果を返してくれるのがこのスクリプトトリガの特徴の一つです。

また、フィールドに文字が入力され確定する前にトリガが動くため、結果をFalseで返せば、フィールドに文字が入力されることがありません。

例えば、数字4桁のパスワードを設定してほしいフィールドで、同じ数字を連続で使用して欲しくない際には、下記のスクリプトを適用できます。

 

If ( Get(トリガキー入力) = Right(設定::パスワード ; 1 ) )  //入力された文字と入力済みの最後尾の文字が同じである場合

  現在のスクリプトの終了[False]

  else

  現在のスクリプトの終了[True]

End If

 

このように、文字入力の制限をスクリプト結果だけで行うことも可能です。

ただ一定の文字が入らない、となると入力側にとってはなぜ入力できないのかと不安になるので、設定する際はカスタムダイアログやポップアップ等を併用する方が利用者に優しいフォームとなります。

 

 

URL:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/onobjectkeystroke.htmlhttps://help.claris.com/ja/pro-help/content/onobjectkeystroke.html

FileMaker開発記事

葬儀システム

葬儀プランを構成する複雑な商品・サービスのすべてをシステム上で一元管理。受付から施工・請求までスムーズに対処できます。タブレット活用により、誰でも簡単にプラン見積が可能に。

マイページ機能

FileMakerとWebサイトとの連携で、顧客との円滑なやり取りが可能となるほか、業務効率の改善にも繋がります。

墓掃除システム

墓地管理、墓地清掃、供花管理など、定期的な作業を標準化。煩雑な業務作業の見える化を可能にするシステムです。

修理受付システム

修理受付から請求までの業務を一元管理。Web予約連動、クレジット請求連動などの業務を効率化します。ほか顧客履歴、部品在庫管理、発注リストなどあらゆる関連業務に対応しています。

その他の記事

Letについて

今回は、様々な式に組み込み活用することのできる、Let関数についてご紹介します。