FileMaker

お役立ちブログ

RightValues関数

今回は RightValues 関数を紹介します。
GetValue 関数や LeftValues 関数と同様に、「改行されたリスト」を対象に処理を実行することが念頭に置かれています。

RightValues
テキストの右から数えて指定された値数の値を返します。
構文
RightValues (テキスト ; 値数)
例1
RightValues ( “メロンパン¶あんパン¶クリームパン¶コッペパン¶サンドイッチ”; 2)
=>[処理結果] “コッペパン
¶サンドイッチ”

上の例文は前回の「LeftValues」と同様ですが、返ってくる値は異なっています。

構文上では左から、右から、という認識ですが、リストの「はじめから○行分を取り出したい」→ LeftValues、「最後から○行分を取り出したい」→ RightValues と捉えて貰えばと思います。

なので、作成したリストが何らかの規則、例えばパンが売上ランキングの昇順で並んでいるリストならば、

人気ランキングの上位3位までの値を取り出したい際には LeftValues ( パンリスト ; 3 )

入れ替えの検討が必要な下位3位までの値を取り出したい際には RightValues ( パンリスト ; 3 )  

を使用する、といった具合です。

リスト自体を並べ替えるよりも、Left/Rightをうまく使い分けれる方が効率的ですので、ぜひご活用ください。

 

参考:
カワイ事務機|FileMakerブログ「LeftValuesについて」
https://kawai-j.co.jp/filemaker/20528/leftvalues/(2022-04-18 閲覧)

Claris FileMaker Pro 19 ヘルプ: リファレンス>関数リファレンス>テキスト関数>RightValues
https://help.claris.com/ja/pro-help/content/rightvalues.html
(2022-04-18 閲覧)

FileMaker開発記事

受発注システム [EC-CUBE連携]

受発注業務をEC-CUBEと連携する事により、顧客情報と受注情報それぞれの入力を自動化。その後の各種事務手続(伝票作成・郵送業務・売上レポート作成等)すべても同時に効率化するツールです。

栽培管理システム

栽培管理システム とは、植物工場 での野菜栽培において、膨大なデータを一括管理できるシステムです。高品質な野菜を栽培するために必要なあらゆる情報を見える化し、業務効率向上を図ります。

墓掃除システム

墓地管理、墓地清掃、供花管理など、定期的な作業を標準化。煩雑な業務作業の見える化を可能にするシステムです。

修理受付システム

修理受付から請求までの業務を一元管理。Web予約連動、クレジット請求連動などの業務を効率化します。ほか顧客履歴、部品在庫管理、発注リストなどあらゆる関連業務に対応しています。

その他の記事

TrimAllについて

今回は、適切にスペースを取り除く/指定のスペースを返してくれる、TrimAll関数についてご紹介します。