FileMaker

お役立ちブログ

Year, Month, Day について

こんにちは。
今回は、日付関数 Year, Month, Day の活用方法をご紹介します。

まずは、FileMakerヘルプサイトに掲載されている構文と例(抜粋)を確認しておきます。

構文
Year (日付), Month (日付), Day (日付)

例 1

Year (“2019/05/05”) は「2019」を返します。
Month (“2019/03/19”) は 「3 」を返します (オペレーティングシステムの日付形式が YYYY/MM/DD の場合)。
Day (“2019/05/15”) は「15」を返します(オペレーティングシステムの日付形式が YYYY/MM/DD の場合)。

例 2
本日の日付から 48 か月経過した年を返します。
Year (
Date (
Month (Get (日付)) + 48 ;
Day (Get (日付)) ;
Year (Get (日付))
)
)

この3つの関数は、日付の値を返す関数で、1のように単独で使用することもできれば、例2にあるように、先週ご紹介したDate関数と組み合わせて活用することもできます。
例えば、本日が2021年7月1日だとして、半年後の日付 を出したい、となった際に、

Month (日付) にただ +6してしまうと、7+6= 13月 となってしまいます。

Date (
Month (Get (日付)) + 6 ;
Day (Get (日付)) ;
Year (Get (日付))
)

このように、Date関数と組み合わせて使用することで、きちんと 2022年1月1日 が算出されます。

Date関数についての投稿も、よろしければ合わせてご参照ください。
Dateについて

 

参考サイト:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/year.html
      https://help.claris.com/ja/pro-help/content/month.html
      https://help.claris.com/ja/pro-help/content/day.html

その他の記事

ValueCount について

ValueCount関数は、GetValue関数と同じく、改行で区切られたテキスト値の一覧を適切な形で返してくれる関数で、テキスト値の合計数を返してくれます。

IsEmpty について

IsEmpty は、フィールド内が空欄、またはエラーが発生した場合は真(1)を返す関数で、様々なシーンで便利に使うことができます。

GetValue について

GetValueは、改行で区切られた値の一覧から、指定する行番号の値を返してくれる関数です。