FileMaker

お役立ちブログ

GetLayoutObjectAttributeについて​

今回は、計算式で現在アクティブなオブジェクト名によって指定されたレイアウトオブジェクトの属性を返す関数についてです。

構文

GetLayoutObjectAttribute (オブジェクト名 ; 属性名 {; 繰り返し回数 ; ポータル行番号})

 

例 1

「検索::ホームページ」フィールドに Web ビューアの現在の URL を保存します。

フィールド設定 [検索::ホームページ ; GetLayoutObjectAttribute (“Web ビューア” ; “source”)]

属性に関しては、たくさん種類がありますので、ぜひ下記リンクよりヘルプページをご参照ください。

例1の他に活用できる一例としては、ボタンバーのアクティブセグメントに適用させることができます。

Case (

GetLayoutObjectAttribute ( “slide_1” ; “IsFrontPanel” ) ; “bar_1” ;
GetLayoutObjectAttribute ( “slide_2” ; “IsFrontPanel” ) ; “bar_2” ;
GetLayoutObjectAttribute ( “slide_3” ; “IsFrontPanel” ) ; “bar_3” ;

)

このように設定しておくことで、3枚のスライドを切り替えるボタンとしてボタンバーをおくことができます!

 

関数名が長く少しとっつきにくい部分はありますが、ぜひご活用ください。

参考:
Claris FileMaker Pro 19 ヘルプ: リファレンス>関数リファレンス>その他の関数>GetLayoutObjectAttribute

https://help.claris.com/ja/pro-help/content/getlayoutobjectattribute.html

FileMaker開発記事

顔パス受付システム

AIサーマルカメラとFileMakerとの連動による新型受付システムです。
顔認証で体温測定と受付を同時に完了、会員登録の手間も不要に。学習塾などでは入退出時に親へメール自動送付サービスもつけられます。

受発注システム [EC-CUBE連携]

受発注業務をEC-CUBEと連携する事により、顧客情報と受注情報それぞれの入力を自動化。その後の各種事務手続(伝票作成・郵送業務・売上レポート作成等)すべても同時に効率化するツールです。

修理受付システム

修理受付から請求までの業務を一元管理。Web予約連動、クレジット請求連動などの業務を効率化します。ほか顧客履歴、部品在庫管理、発注リストなどあらゆる関連業務に対応しています。

栽培管理システム

栽培管理システム とは、植物工場 での野菜栽培において、膨大なデータを一括管理できるシステムです。高品質な野菜を栽培するために必要なあらゆる情報を見える化し、業務効率向上を図ります。

その他の記事

Letについて

今回は、様々な式に組み込み活用することのできる、Let関数についてご紹介します。

GetFieldについて

今回は、フィールド名を評価して、指定したフィールドの内容を返してくれる、GetFieldについてです。