FileMaker

お役立ちブログ

Get (レイアウト名)について

現在表示されているレイアウトの名前を返す、取得関数についてです。

下記にヘルプページ掲載の構文と説明を記載します。

構文

Get (レイアウト名)

例 1

「製品一覧」レイアウトが表示されている場合、「製品一覧」を返します。

「顧客請求書」レイアウトが表示されている場合、「顧客請求書」を返します。

説明と言っても上記の例題のままとなりますが、現在表示されているレイアウト名が返ってくるため、レイアウト毎のスクリプトの分岐等に活用することができます。

例えば、メニュー画面→顧客リスト→顧客詳細という画面構成となっているとして、リスト画面と詳細画面に”戻る”ボタンを配置したい場合、

Get(レイアウト名) = “顧客リスト” の時は、メニュー画面へのレイアウト切り替え

Get(レイアウト名) = “顧客詳細” の時は、顧客リストへのレイアウト切り替え

と、一つのスクリプトで分岐させることが可能です。

参考:
Claris FileMaker Pro 19 ヘルプ: リファレンス>関数リファレンス>取得関数>Get (レイアウト名)

https://help.claris.com/ja/pro-help/content/get-layoutname.html(2022-10-11閲覧)

FileMaker開発記事

受発注システム [EC-CUBE連携]

受発注業務をEC-CUBEと連携する事により、顧客情報と受注情報それぞれの入力を自動化。その後の各種事務手続(伝票作成・郵送業務・売上レポート作成等)すべても同時に効率化するツールです。

CRM 顧客管理システム

顧客の現状を俯瞰し、商談状況を一望、そして営業成績を向上させる……企業が顧客との関係をより深く把握し、戦略的に顧客へアプローチすることが可能になるシステムです。

葬儀システム

葬儀プランを構成する複雑な商品・サービスのすべてをシステム上で一元管理。受付から施工・請求までスムーズに対処できます。タブレット活用により、誰でも簡単にプラン見積が可能に。

栽培管理システム

栽培管理システム とは、植物工場 での野菜栽培において、膨大なデータを一括管理できるシステムです。高品質な野菜を栽培するために必要なあらゆる情報を見える化し、業務効率向上を図ります。

その他の記事