FileMaker

お役立ちブログ

OnObjectModifyについて

今回はトリガの種類の1つのOnObjectModifyについて紹介します。

OnObjectModify

次の動作が発生した結果、オブジェクトに関連付けられた値が変更されたときにスクリプトが実行されます:

・ユーザがオブジェクトに入力する
・ユーザがチェックボックスなどのオブジェクトをクリックして値が変更される
・切り取り (カット)、貼り付け (ペースト)、および消去などの編集操作
・フィールドを変更する [テキストを挿入] などのスクリプトステップ

前回紹介をしたOnObjectKeystrokeは、値が入力・変更される前の段階で発火し真偽を判定する関数でした。

今回のOnObjectModifyは値が変更された瞬間に発火をし、設定しているスクリプトが実行されます。

 

例えば、郵便番号のフィールドにおいて、住所の自動入力ができれば便利ですよね。

フィールドに7桁の数字が入力された際に判定スクリプトを実行するトリガを仕込んでおけば、検索ボタン等別途発火ボタンをおかなくてもスムーズに処理をすることができます。

その際には例えば

if (Length ( Filter ( Get ( アクティブフィールド内容 ) ; “0123456789” ) ) = 7)

と条件式を設けることができます。

FileMaker開発記事

受発注システム [EC-CUBE連携]

受発注業務をEC-CUBEと連携する事により、顧客情報と受注情報それぞれの入力を自動化。その後の各種事務手続(伝票作成・郵送業務・売上レポート作成等)すべても同時に効率化するツールです。

栽培管理システム

栽培管理システム とは、植物工場 での野菜栽培において、膨大なデータを一括管理できるシステムです。高品質な野菜を栽培するために必要なあらゆる情報を見える化し、業務効率向上を図ります。

墓掃除システム

墓地管理、墓地清掃、供花管理など、定期的な作業を標準化。煩雑な業務作業の見える化を可能にするシステムです。

修理受付システム

修理受付から請求までの業務を一元管理。Web予約連動、クレジット請求連動などの業務を効率化します。ほか顧客履歴、部品在庫管理、発注リストなどあらゆる関連業務に対応しています。

その他の記事

Letについて

今回は、様々な式に組み込み活用することのできる、Let関数についてご紹介します。

Middleについて

今回は、フィールドの値を1文字ずつ取り出して配置したい際に活用できる、Middle関数のご紹介です。

GetAsTimeについて

今回は、テキストに含まれる時刻またはタイムスタンプを時刻フィールドタイプとして返す関数についてです。