FileMaker

お役立ちブログ

DayOfWeekについて

今回は、計算式で週の月曜日の日付を算出する方法をご紹介します。

関数は、DayOfWeekを使用します。

まず、構文と例文をご紹介します。

構文 

DayOfWeek (日付)

例 1 

DayOfWeek (“2019/10/08”) は「3」を返します。

DayOfWeek (Date (10 ; 9 ; 2019)) は、「4」を返します。

DayOfWeek (プロジェクト締め切り) は、「プロジェクト締め切り」フィールドの値が「2019/10/09」の場合、「4」を返します。

上記の通り、DayOfWeekは日曜日を1、月曜日を2と、フィールド内の日付の曜日を決まった数字の値で返してくれます。

これを利用して、月曜日の日付を算出できる計算式がこちらです。

Get ( 日付 ) – DayOfWeek ( Get ( 日付 ) ) + 2

実際にその週の月曜日になっているか、よければデータビューアで確認してみてください!

値を今週1週間で絞り込みたい時など、ぜひご活用ください。

 

参考 URL:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/dayofweek.html

 

その他の記事

関数 SortValues について

SortValuesは、指定の値一覧をソートしてくれる関数です。テキスト順、日付順など、希望の順序で値を取り出すことができます。