FileMaker

お役立ちブログ

GetAsTimeについて

今回は、テキストに含まれる時刻またはタイムスタンプを時刻フィールドタイプとして返す関数についてです。

下記にヘルプページの解説を記載します。

構文

GetAsTime (テキスト)

例 1

GetAsTime (“02:47:35”) は、計算の結果として時刻を選択した場合、「2:47:35」を返します。この結果に対して、時刻の演算を実行することができます。

例 2

GetAsTime (“02:47:35”) は、計算の結果としてタイムスタンプを選択した場合、「0001/1/1 2:47:35」を返します。

例 3

Abs (GetAsTime (“12:15 午後”) – チェックアウト) は、「チェックアウト」時刻フィールドの値が「3:15 午後」の場合、「3:00:00」を返します。

元々フィールドタイプが時刻の値を取得して計算を行う際には必要ありませんが、引数として他のテキストとまとめて値を取得したときなどは、再度使う場合にGetAsTimeで元に戻す必要があります。

本ブログでは詳しく記載したことがありませんが、例えで言うと、JSONで値をまとめ、その後分解して使用する際に必要な関数となります。

フィールドタイプによって値の表示方法や計算結果が異なりますので、意識して活用していきましょう。

 

参考:
Claris FileMaker Pro 19 ヘルプ: リファレンス>関数リファレンス>テキスト関数>GetAsTime

https://help.claris.com/ja/pro-help/content/getastime.html

FileMaker開発記事

修理受付システム

修理受付から請求までの業務を一元管理。Web予約連動、クレジット請求連動などの業務を効率化します。ほか顧客履歴、部品在庫管理、発注リストなどあらゆる関連業務に対応しています。

葬儀システム

葬儀プランを構成する複雑な商品・サービスのすべてをシステム上で一元管理。受付から施工・請求までスムーズに対処できます。タブレット活用により、誰でも簡単にプラン見積が可能に。

墓掃除システム

墓地管理、墓地清掃、供花管理など、定期的な作業を標準化。煩雑な業務作業の見える化を可能にするシステムです。

CRM 顧客管理システム

顧客の現状を俯瞰し、商談状況を一望、そして営業成績を向上させる……企業が顧客との関係をより深く把握し、戦略的に顧客へアプローチすることが可能になるシステムです。

その他の記事

ValueCount について

ValueCount関数は、GetValue関数と同じく、改行で区切られたテキスト値の一覧を適切な形で返してくれる関数で、テキスト値の合計数を返してくれます。

参考:
Claris FileMaker Pro 19 ヘルプ: リファレンス>関数リファレンス>取得関数>Get (システムプラットフォーム)

https://help.claris.com/ja/pro-help/content/get-systemplatform.html( 2023-1-10閲覧)