FileMaker

お役立ちブログ

Get (ウインドウモード)について

今回は、取得関数のGet (ウインドウモード)についてです。

まずは、ヘルプページに掲載されている、構文とその説明についてご紹介します。

構文 

Get (ウインドウモード)

説明 

この関数が返す値は次のとおりです:

  • 0」- ブラウズモード
  • 1」- 検索モード
  • 2」- プレビューモード
  • 3」- 印刷中の場合
  • 4」- データビューアから関数を評価していて現在のウインドウがレイアウトモードの場合

例としては、この関数を使って、レイアウト編集を見やすく表示する事ができます。

例えば、レイアウト上を編集する際に、効率的に正確に、綺麗な配置が作成できる様、目印となる線を置きたい、とします。

その際には、中央の線やフィールドの配置目安となる線をオブジェクト配置し、”次の場合にオブジェクトを隠す”で、

not ( Get (ウインドウモード) = 4 )

と設定しておけば、レイアウトモード以外では非表示にする事ができます。

ぜひ活用してみてください。

 

 

参考サイト: https://help.claris.com/ja/pro-help/content/get-windowmode.html

 

 

今年度の投稿は最後となりますが、来年も、ご覧いただく方にFileMakerの魅力を知っていただき、どんな便利なシステムができるのだろう?と興味を持っていただける様に、更新を続けて参りたいと思っております。

カワイ事務機が手掛けたシステムについては、開発事例ページにて掲載を行なっておりますので、ぜひ合わせてご覧になってください。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

その他の記事

IsEmpty について

IsEmpty は、フィールド内が空欄、またはエラーが発生した場合は真(1)を返す関数で、様々なシーンで便利に使うことができます。

ValueCount について

ValueCount関数は、GetValue関数と同じく、改行で区切られたテキスト値の一覧を適切な形で返してくれる関数で、テキスト値の合計数を返してくれます。