FileMaker

お役立ちブログ

関数 Length について

こんにちは。

今回は、以前、Left関数の記事の際に登場したLengthについて、改めて紹介させていただきます。

まずは、FileMakerヘルプサイトに掲載されている構文と例を確認しておきます。

構文 

Length (テキスト)

例 1 

Length (“田中美香”) は、「4」を返します。

例 2 

Length (説明) は、「説明」フィールドの値が「Modem for PC」の場合、「12」を返します。

例 3 

Length (“M1” & Left (製品 ; 5)) は、「製品」フィールドに 5 文字以上の文字列が入っている場合、「7」を返します。

 

例としては上記例文で十分お分かりいただけるかと思いますが、テキストまたは指定したフィールドのテキストの文字数をカウントして返してくれます。

例3にあるように、Left関数の中にLeft関数やRight関数を組み合わせることもできます。

文字数や単語数を確認できるカウント系の関数は他にも複数種類がありますが、

・文字をカウントする時 Length

・改行区切りの値をカウントする時  ValueCount

この2つを覚えておくと特に便利だと思います!

ぜひ活用してみてください。

参考サイト:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/length.html

 

その他の記事

NumToJTextについて

今回は、数値を、金額に用いる3桁表示をはじめとした、適切な表示方法で返してくれる、NumToJText関数についてご紹介します。

DayOfWeekについて

今回は、計算式で週の月曜日の日付を算出する方法をご紹介します。
関数は、DayOfWeekを使用します。

IsEmpty について

IsEmpty は、フィールド内が空欄、またはエラーが発生した場合は真(1)を返す関数で、様々なシーンで便利に使うことができます。

JSON関数について

FIlemakerのスクリプト上で大量のデータを扱う際に万能に活用できるJSON関数について、活用意義や関数の一覧についてご紹介します。