FileMaker

お役立ちブログ

関数 Length について

こんにちは。

今回は、以前、Left関数の記事の際に登場したLengthについて、改めて紹介させていただきます。

まずは、FileMakerヘルプサイトに掲載されている構文と例を確認しておきます。

構文 

Length (テキスト)

例 1 

Length (“田中美香”) は、「4」を返します。

例 2 

Length (説明) は、「説明」フィールドの値が「Modem for PC」の場合、「12」を返します。

例 3 

Length (“M1” & Left (製品 ; 5)) は、「製品」フィールドに 5 文字以上の文字列が入っている場合、「7」を返します。

 

例としては上記例文で十分お分かりいただけるかと思いますが、テキストまたは指定したフィールドのテキストの文字数をカウントして返してくれます。

例3にあるように、Left関数の中にLeft関数やRight関数を組み合わせることもできます。

文字数や単語数を確認できるカウント系の関数は他にも複数種類がありますが、

・文字をカウントする時 Length

・改行区切りの値をカウントする時  ValueCount

この2つを覚えておくと特に便利だと思います!

ぜひ活用してみてください。

参考サイト:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/length.html

 

その他の記事

関数 Int について

Intは、小数点以下を無視した整数部分を返す関数です。数字関数 Int の活用方法をご紹介します。

Year,Month,Day について

この3つの関数は、日付の値を返す関数で、単独で使用することもできれば、先週ご紹介したDate関数と組み合わせて活用することもできます。