FileMaker

お役立ちブログ

GetValue について

こんにちは。
今回は、関数 GetValue の活用方法をご紹介します。

まずは、FileMakerヘルプサイトに掲載されている構文と例を確認しておきます。

構文
 GetValue (値一覧 ; 値番号)


 GetValue (“ロンドン¶パリ¶香港” ; 2) は「パリ」を返します。

GetValueは、改行で区切られた値の一覧から、指定する行番号の値を返してくれる関数です。値には、空白、1 文字、単語、文章、または段落を使用することができます。

例えば、取り込みを行なったデータで、名前欄に漢字とカナが ( 田中 ¶ タナカ ) と、改行区切りで入力されていたとします。(¶はテキスト上の改行文字です)

FileMaker上では漢字は名前フィールドに、カナはカナフィールドにわけて管理したい際には

名前フィールドには
GetValue ( 名前欄 ; 1 ) [ = 田中 の値 ]

カナフィールドには
GetValue ( 名前欄 ; 2 ) [ = タナカ の値 ]
これらを挿入すればよいわけです。

GetValue関数は、他の関数との組み合わせで活用方法が広がりますので、また順番にご紹介をさせていただきます!

参考サイト:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/getvalue.html

 

その他の記事

Year,Month,Day について

この3つの関数は、日付の値を返す関数で、単独で使用することもできれば、先週ご紹介したDate関数と組み合わせて活用することもできます。

関数 Abs について

マイナスの値が出るような計算式でもマイナスを表記したくない際に、Abs関数を用いて表示することができます。

Substitute について

Substitute関数とは、指定したテキスト内にある文字や記号を、特定のテキストに置き換えることができるという関数です。

ValueCount について

ValueCount関数は、GetValue関数と同じく、改行で区切られたテキスト値の一覧を適切な形で返してくれる関数で、テキスト値の合計数を返してくれます。