FileMaker

お役立ちブログ

Get(ソート状態)について

現在のソート状態を表す値を返す、取得関数についてです。

 

下記にヘルプページ掲載の構文と説明を記載します。

構文

Get (ソート状態)


この関数が返す値は次のとおりです:

「0」- アクティブなテーブルのレコードがソートされていない場合
「1」- アクティブなテーブルのレコードがソートされている場合
「2」- アクティブなテーブルのレコードが部分的にソートされている状態 (半ソート済み) の場合

例えば、リスト上で一度検索を行った状態で、新規レコードを追加すると、ソート内容にかかわらずレコードは1行目に追加されます。

 

 

この状態は、

Get(ソート状態)=「2」”アクティブなテーブルのレコードが部分的にソートされている状態 (半ソート済み) “

が返ってきます。

 

 

開発の際には、追加・削除の際には自動的に検索をかけ直すのが自然で最適ですが、あえて状況を把握したい場合には、返す数値毎に「ソート済」「未ソート」等、振り分けて表示してもいいかもしれません。

 

参考:
Claris FileMaker Pro 19 ヘルプ: リファレンス>関数リファレンス>取得関数>Get (ソート状態)

https://help.claris.com/ja/pro-help/content/get-sortstate.html( 2022-09-20閲覧)

FileMaker開発記事

葬儀システム

葬儀プランを構成する複雑な商品・サービスのすべてをシステム上で一元管理。受付から施工・請求までスムーズに対処できます。タブレット活用により、誰でも簡単にプラン見積が可能に。

顔パス受付システム

AIサーマルカメラとFileMakerとの連動による新型受付システムです。
顔認証で体温測定と受付を同時に完了、会員登録の手間も不要に。学習塾などでは入退出時に親へメール自動送付サービスもつけられます。

受発注システム [EC-CUBE連携]

受発注業務をEC-CUBEと連携する事により、顧客情報と受注情報それぞれの入力を自動化。その後の各種事務手続(伝票作成・郵送業務・売上レポート作成等)すべても同時に効率化するツールです。

CRM 顧客管理システム

顧客の現状を俯瞰し、商談状況を一望、そして営業成績を向上させる……企業が顧客との関係をより深く把握し、戦略的に顧客へアプローチすることが可能になるシステムです。

その他の記事

Middleについて

今回は、フィールドの値を1文字ずつ取り出して配置したい際に活用できる、Middle関数のご紹介です。

NumToJTextについて

今回は、数値を、金額に用いる3桁表示をはじめとした、適切な表示方法で返してくれる、NumToJText関数についてご紹介します。