FileMaker

お役立ちブログ

Averageについて

今回はフィールド内の空白を除く有効な値すべての平均を返す取得関数についてです。

下記にヘルプページ掲載の構文と例題を記載します。

構文

Average (フィールド {; フィールド…} )

説明

フィールド には、次のいずれかを指定することができます:

・繰り返しフィールド (繰り返しフィールド)

・レコードがポータルに表示されるかどうかに関係なく、(テーブル::フィールド) で指定される一致する関連レコードのフィールド

・レコードにある複数の非繰り返しフィールド (フィールド 1 ; フィールド 2 ; フィールド 3…)

・繰り返しフィールドの結果が同じ繰り返し数以上で返された場合は、レコードの繰り返しフィールド (繰り返しフィールド 1 ; 繰り返しフィールド 2 ; 繰り返しフィールド 3) の対応する繰り返し数

(テーブル::フィールド 1 ; テーブル::フィールド 2 ;…) で指定される最初の一致レコードの複数のフィールド。異なるテーブル (テーブル 1::フィールド A ; テーブル 2::フィールド B…) からフィールドを含めることができます。

次の例の説明:

フィールド 1 は 2 つの繰り返しフィールドで、1 と 2 という値が入力されています。
フィールド 2 は 4 つの繰り返しフィールドで、5、6、7、8 という値が入力されています。
フィールド 3 には 6 が入力されています。

→Average (フィールド 2) は、計算フィールドが繰り返しフィールドでない場合は「6.5」を返します。

→Average (フィールド 1 ; フィールド 2 ; フィールド 3) は、計算フィールドが繰り返しフィールドの場合は、「4」、「4」、「7」、「8」を返します。
 

Average関数は、フィールドに計算式を持たせずとも、繰り返しフィールドやポータル内での集計の平均値を返すことができます。

上記にはポータルでの例がありませんが、伝票ー明細関係に当たるポータルでの平均値の取得にも使用可能です。

例えば、営業部署テーブルにて個人成績をポータルに入力している場合、

Average(営業成績_個人成績::獲得件数)

とすることで、部署レコード毎の平均獲得件数が取得できます。

ただ、論理削除やフィルタ等で表示されていないポータル行があっても、その行も含めての計算結果となるため注意が必要です。

ぜひうまく活用してみてください。

参考:
Claris FileMaker Pro 19 ヘルプ: リファレンス>リファレンス>関数リファレンス>統計関数>Average

https://help.claris.com/ja/pro-help/content/average.html( 2023-1-10閲覧)

FileMaker開発記事

顔パス受付システム

AIサーマルカメラとFileMakerとの連動による新型受付システムです。
顔認証で体温測定と受付を同時に完了、会員登録の手間も不要に。学習塾などでは入退出時に親へメール自動送付サービスもつけられます。

栽培管理システム

栽培管理システム とは、植物工場 での野菜栽培において、膨大なデータを一括管理できるシステムです。高品質な野菜を栽培するために必要なあらゆる情報を見える化し、業務効率向上を図ります。

CRM 顧客管理システム

顧客の現状を俯瞰し、商談状況を一望、そして営業成績を向上させる……企業が顧客との関係をより深く把握し、戦略的に顧客へアプローチすることが可能になるシステムです。

受発注システム [EC-CUBE連携]

受発注業務をEC-CUBEと連携する事により、顧客情報と受注情報それぞれの入力を自動化。その後の各種事務手続(伝票作成・郵送業務・売上レポート作成等)すべても同時に効率化するツールです。

その他の記事