FileMaker

お役立ちブログ

Date について

こんにちは。
今回は、関数 Date の活用方法をご紹介します。

まずは、FileMakerヘルプサイトに掲載されている構文と例を確認しておきます。

構文 
Date (月 ; 日 ; 年)

例1
Date (10 ; 10 ; 2019) は、「2019/10/10」を返します。
Date (13 ; 1 ; 2019) は、「2020/01/01」(2019 年 12 月 1 日の 1 か月後) を返します。
Date (6 ; 0 ; 2019) は、「2019/05/31」(2019 年 6 月 1 日の 1 日前) を返します。
Date (6 ; -2 ; 2019) は、「2019/05/29」(2019 年 6 月 1 日の 3 日前) を返します。
Date (7 ; 12 ; 2019) – Date (7 ; 2 ; 2019) は、「10」を返します。

例 2 
“請求期限: ” & Date (Month (販売日) + 1 ; Day (販売日) ; Year (販売日)) は、「請求期限:」に続いて「販売日」の 1 か月後の日付の値を返します。

上記の通り、Date関数は日付を返してくれる関数です。

Date関数でまず便利だなと思うのが、月末の日付算出ができることです。
月末の日付は30日だったり31日だったりと月毎に異なるのが厄介ですよね。

Date関数では、日付の箇所に0以下の値を入れると、○日前と捉えて値を出してくれます。
例1にも同様の例がありますが、今年の5月末日を出したい時は、

Date(6;0;2021)

とすればよい、ということです。
0が1日前の値を返してくれるので、2021年6月1日の前日 という式を記述していることなります。

0が1日前、-1が2日前となりますので、”○日前”の値を求めたい際に入れる負の値については少しご注意くださいね。

参考サイト:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/date.html

その他の記事

IsEmpty について

IsEmpty は、フィールド内が空欄、またはエラーが発生した場合は真(1)を返す関数で、様々なシーンで便利に使うことができます。

関数 Int について

Intは、小数点以下を無視した整数部分を返す関数です。数字関数 Int の活用方法をご紹介します。

Case について

Case関数は、条件分けを行いながら1つの結果を導き出すことができる、非常に便利な関数です。