FileMaker

お役立ちブログ

TextStyleAddについて

今回は、指定されたスタイルをテキストに追加できる、TextStyleAdd関数についてです。

ヘルプページ掲載の構文と例題を記載します。

構文

TextStyleAdd (テキスト ; スタイル)

 

例 1

TextStyleAdd (“Plaid” ; Italic) は、「Plaid」という単語を斜体で返します。

TextStyleAdd (名 ; Bold+Underline) は、「名」フィールドの値が「Sophie」の場合、「Sophie」を下線付きの太字で返します。

 

例 2

次の計算では、テキストからすべてのスタイルを取り除き、テキスト全体を斜体にします。

TextStyleAdd (TextStyleAdd (名 ; Plain) ; Italic)


例 3

次の計算では、2 つのスタイルを作成して、これらのスタイルを使用して 2 つのテキストを連結します。Let 関数を使用すると、長く複雑な TextStyleAdd ステートメントを作成する必要はありません。

Let ([
TitleStyle = Smallcaps + Titlecase ;
BodyStyle = Plain
] ;
TextStyleAdd (タイトルフィールド ; TitleStyle) & “¶¶” & TextStyleAdd (ボディフィールド ; BodyStyle))


例 4

次の例では、複数の単語をすべて検索して、それらのスタイルを変更します。この処理を実行するには、Substitute 関数を TextStyleAdd 関数と組み合わせて使用するのが効果的です。

Substitute (記事本文 ;
[“句 1” ; TextStyleAdd (“句 1” ; Italic)] ;
[“句 2” ; TextStyleAdd (“句 2” ; Bold)])

例えば、接客で使用する画面上で、

「お客様名+様 」と表示する箇所の、顧客名称だけを太字にしたい、という場合は、ボタンの計算式を用いて次のように表現できます。

TextStyleAdd ( 顧客::名称 ; “Bold” ) & ” 様”

表示を見やすく、わかりやすくレイアウトする際に活用することができるので、ぜひご活用ください。

参考:
Claris FileMaker Pro 19 ヘルプ: リファレンス>関数リファレンス>書式設定関数>TextStyleAdd
https://help.claris.com/ja/pro-help/content/textstyleadd.html(2022-08-01閲覧)

FileMaker開発記事

葬儀システム

葬儀プランを構成する複雑な商品・サービスのすべてをシステム上で一元管理。受付から施工・請求までスムーズに対処できます。タブレット活用により、誰でも簡単にプラン見積が可能に。

修理受付システム

修理受付から請求までの業務を一元管理。Web予約連動、クレジット請求連動などの業務を効率化します。ほか顧客履歴、部品在庫管理、発注リストなどあらゆる関連業務に対応しています。

墓掃除システム

墓地管理、墓地清掃、供花管理など、定期的な作業を標準化。煩雑な業務作業の見える化を可能にするシステムです。

栽培管理システム

栽培管理システム とは、植物工場 での野菜栽培において、膨大なデータを一括管理できるシステムです。高品質な野菜を栽培するために必要なあらゆる情報を見える化し、業務効率向上を図ります。

その他の記事

エラー処理について

今回はスクリプトステップの一つであるエラー処理について、基礎的な部分から、オンにした際の後処理について紹介します。

GetFieldについて

今回は、フィールド名を評価して、指定したフィールドの内容を返してくれる、GetFieldについてです。