FileMaker

お役立ちブログ

TextStyleAddについて

今回は、指定されたスタイルをテキストに追加できる、TextStyleAdd関数についてです。

ヘルプページ掲載の構文と例題を記載します。

構文

TextStyleAdd (テキスト ; スタイル)

 

例 1

TextStyleAdd (“Plaid” ; Italic) は、「Plaid」という単語を斜体で返します。

TextStyleAdd (名 ; Bold+Underline) は、「名」フィールドの値が「Sophie」の場合、「Sophie」を下線付きの太字で返します。

 

例 2

次の計算では、テキストからすべてのスタイルを取り除き、テキスト全体を斜体にします。

TextStyleAdd (TextStyleAdd (名 ; Plain) ; Italic)


例 3

次の計算では、2 つのスタイルを作成して、これらのスタイルを使用して 2 つのテキストを連結します。Let 関数を使用すると、長く複雑な TextStyleAdd ステートメントを作成する必要はありません。

Let ([
TitleStyle = Smallcaps + Titlecase ;
BodyStyle = Plain
] ;
TextStyleAdd (タイトルフィールド ; TitleStyle) & “¶¶” & TextStyleAdd (ボディフィールド ; BodyStyle))


例 4

次の例では、複数の単語をすべて検索して、それらのスタイルを変更します。この処理を実行するには、Substitute 関数を TextStyleAdd 関数と組み合わせて使用するのが効果的です。

Substitute (記事本文 ;
[“句 1” ; TextStyleAdd (“句 1” ; Italic)] ;
[“句 2” ; TextStyleAdd (“句 2” ; Bold)])

例えば、接客で使用する画面上で、

「お客様名+様 」と表示する箇所の、顧客名称だけを太字にしたい、という場合は、ボタンの計算式を用いて次のように表現できます。

TextStyleAdd ( 顧客::名称 ; “Bold” ) & ” 様”

表示を見やすく、わかりやすくレイアウトする際に活用することができるので、ぜひご活用ください。

参考:
Claris FileMaker Pro 19 ヘルプ: リファレンス>関数リファレンス>書式設定関数>TextStyleAdd
https://help.claris.com/ja/pro-help/content/textstyleadd.html(2022-08-01閲覧)

FileMaker開発記事

葬儀システム

葬儀プランを構成する複雑な商品・サービスのすべてをシステム上で一元管理。受付から施工・請求までスムーズに対処できます。タブレット活用により、誰でも簡単にプラン見積が可能に。

受発注システム [EC-CUBE連携]

受発注業務をEC-CUBEと連携する事により、顧客情報と受注情報それぞれの入力を自動化。その後の各種事務手続(伝票作成・郵送業務・売上レポート作成等)すべても同時に効率化するツールです。

顔パス受付システム

AIサーマルカメラとFileMakerとの連動による新型受付システムです。
顔認証で体温測定と受付を同時に完了、会員登録の手間も不要に。学習塾などでは入退出時に親へメール自動送付サービスもつけられます。

受発注システム [EC-CUBE連携]

受発注業務をEC-CUBEと連携する事により、顧客情報と受注情報それぞれの入力を自動化。その後の各種事務手続(伝票作成・郵送業務・売上レポート作成等)すべても同時に効率化するツールです。

その他の記事

IsEmpty について

IsEmpty は、フィールド内が空欄、またはエラーが発生した場合は真(1)を返す関数で、様々なシーンで便利に使うことができます。

Letについて

今回は、様々な式に組み込み活用することのできる、Let関数についてご紹介します。