FileMaker

お役立ちブログ

日付表示の”/“を取り除く方法について

今回は、日付表示の”/“を取り除く方法について、3つご紹介をいたします。
リスト表示のタイトルや、ファイル名の設定の際に、ご活用いただくことができます。

本日(2022/01/24)の日付で行うこととします。

①GetAsNumber ・ GetAsText
GetAsNumber ( GetAsText ( Get ( 日付 ) ) )
→日付をすぐGetAsNumberで数字だけ取り出そうとすると、システム上での数値として変換されてしまいます。
(2022/01/24なら738179となります)なので一旦GetAsTextで日付をテキスト化し、GetAsNumberで数字だけ抽出する必要があります。

②Substitute
Substitute ( Get(日付) ; “/” ; “” )
→2022/01/24 の中の、 “/” を “”(空) に置き換える

③Filter
Filter ( Get(日付) ; “0123456789” )
→2022/01/24 の中の “0123456789” だけを取り出す

どれも返される値は 20220124 なのですが、そこにいたるまでのルートが複数あるって、面白いですよね。

Substituteについては、過去に記事投稿しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

Substituteについて:https://kawai-j.co.jp/filemaker/12958/substitute/

参考サイト
GetAsNumber:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/getasnumber.html
GetAsText:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/getastext.html
Filter:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/filter.html

 

その他の記事

Year,Month,Day について

この3つの関数は、日付の値を返す関数で、単独で使用することもできれば、先週ご紹介したDate関数と組み合わせて活用することもできます。