FileMaker

お役立ちブログ

Substitute について

こんにちは。
今回は、関数 Substitute の活用方法をご紹介します。

まずは、FileMakerヘルプサイトに掲載されている構文と例を確認しておきます。

構文
Substitute (テキスト ; 検索テキスト ; 置換テキスト)

例 1
Substitute (説明 ; “WYSIWYG”; “表示されたとおりに印刷されること”) は、「説明」フィールド内にあるすべての「WYSIWYG」を「表示されたとおりに印刷されること」に置き換えます。
例 2
Substitute (テキスト ; [“a” ; “A”] ; [“b” ; “B”]) は、小文字「a」または「b」を「A」または「B」に置換します。

Substitute関数とは、指定したテキスト内にある文字や記号(=検索テキスト)を、特定のテキスト(=置換テキスト)に置き換えることができるという関数です。

そして、最後の”置換テキスト”部分は空欄にすることもできます。
これを活用して、例えば、電話番号の整理が可能です。

電話番号一覧を出力するとなった際に、電話番号フィールド内には、ハイフンがあるものとないもの、混在してしまうことが起こり得ると思います。
その際に、

Substitute ( 電話番号 ; ”-” ; “” )

とすることで、ハイフンを除いた電話番号を表示することができます。
レイアウトも見やすく、スペースもハイフン有りの長さに調節しておく必要がありません。
サイト例2のように、[ ]で何条件も連ねることもできますので、ぜひご活用ください。

参考サイト:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/substitute.html?Highlight=Substitute

その他の記事

ValueCount について

ValueCount関数は、GetValue関数と同じく、改行で区切られたテキスト値の一覧を適切な形で返してくれる関数で、テキスト値の合計数を返してくれます。

GetValue について

GetValueは、改行で区切られた値の一覧から、指定する行番号の値を返してくれる関数です。