FileMaker

お役立ちブログ

変数設定について

今回はスクリプトを書くときに必ずと言っていいほどお世話になる、変数設定についてです。

変数を設定

ローカル変数またはグローバル変数を指定値に設定します。

 

オプション

  • [名前] は作成する変数の名前です。ローカル変数の場合は「$」、グローバル変数の場合は「$$」の接頭語を名前に使用します。接頭語を追加しない場合は「$」が自動的に名前の先頭に追加されます。
  • [] は変数の設定後の値です。テキストを入力するか計算式を指定することができます。
  • [繰り返し] は作成する変数の繰り返し数 (索引) です。繰り返しが指定されていない場合デフォルトは 1 です。

例 1

ローカル変数を使用して情報を照合フィールドにコピーすることによって関連レコードを作成します。

変数を設定 [$現在の_顧客_ID; 値:顧客::顧客 ID]
レイアウト切り替え [「請求書詳細」]
新規レコード/検索条件
フィールド設定 [請求書::顧客 ID; $現在の_顧客_ID]

この例1では、レイアウトを顧客画面から請求書画面に切り替えると顧客テーブルのフィールドから値を取ってくることができなくなるので、変数にしてIDを保持してからレイアウト切り替えを行なっています。

変数は、規則やルールを決めて正しく使えば、スクリプトの簡易化や利便化に非常に有効的です。

例えば、例1においては顧客IDを”$現在の_顧客_ID”とすることによって、この変数が何のIDなのか?という認識がしやすく、デバックしながら このIDは何だっけ?と なることもなくなります。

同じスクリプトを実行している間は変数設定はそのまま継続されるので、スクリプト内で同じ変数を複数回使用することもできます。

また、上記のように必ず必要となる場合の変数もあれば、メンテナンス性を高めるために活用することもできます。

例えば、例1の続きにこんな式があったとします。

変数を設定 [$現在の_顧客_ID; 値:顧客::顧客 ID]

レイアウト切り替え [「請求書詳細」]
新規レコード/検索条件
フィールド設定 [請求書::顧客 ID; $現在の_顧客_ID]

レイアウト切り替え [「販売詳細」]
新規レコード/検索条件
フィールド設定 [販売::顧客 ID; $現在の_顧客_ID]

レイアウト切り替え [「売上詳細」]
新規レコード/検索条件
フィールド設定 [売上::顧客 ID; $現在の_顧客_ID]

これをもし、顧客::顧客 IDではなく顧客::顧客新ID にしたい、となったとき、
フィールド設定の箇所を全て変更する必要がありますが、
変数を設定しているので一番上の変数設定を変えるだけで済みます。

変数を日本語でも設定できてしまうところがまたFileMakerの便利なところですね☺️

統一性やかっこよさの観点から、英語で変数を作る場合もありますが、わからない英単語を使って無理やり揃えても、どの変数が何だったか、後から混乱する可能性もあります…(スペルミスに気づかずエラー箇所を探し続けた実体験あり)

日本語でも英語でも、ミスを起こさないようにわかりやすい変数を心がけることが大切かと思います!

FileMaker開発記事

墓掃除システム

墓地管理、墓地清掃、供花管理など、定期的な作業を標準化。煩雑な業務作業の見える化を可能にするシステムです。

栽培管理システム

栽培管理システム とは、植物工場 での野菜栽培において、膨大なデータを一括管理できるシステムです。高品質な野菜を栽培するために必要なあらゆる情報を見える化し、業務効率向上を図ります。

顔パス受付システム

AIサーマルカメラとFileMakerとの連動による新型受付システムです。
顔認証で体温測定と受付を同時に完了、会員登録の手間も不要に。学習塾などでは入退出時に親へメール自動送付サービスもつけられます。

マイページ機能

FileMakerとWebサイトとの連携で、顧客との円滑なやり取りが可能となるほか、業務効率の改善にも繋がります。

その他の記事

関数 SortValues について

SortValuesは、指定の値一覧をソートしてくれる関数です。テキスト順、日付順など、希望の順序で値を取り出すことができます。