FileMaker

お役立ちブログ

Get (ウインドウのズームレベル)について

現在のウインドウのズーム倍率を返す、取得関数についてです。

下記にヘルプページ掲載の構文と説明を記載します。

構文
Get (ウインドウのズームレベル)

例 1
現在のウインドウのズーム倍率が 200 に設定されている場合、「200」を返します。

例えば、データ等が掲載されている内容詳細を表示している画面にて、拡大して見たいと思い、倍率を高くし表示したとします。

その場合、リスト等他の画面に戻った際に、画面の倍率表示は維持されてしまうので、また等倍に戻して…という作業が必要になります。

 

画面遷移の際に、倍率表示を戻すスクリプトを混ぜておくと、その問題は解消されます。

その際に、Get (ウインドウのズームレベル)で現在のズーム率を確認することで、無駄な動作が省けます。

if (Get (ウインドウのズームレベル) ≠ 100  )

こちらが正の場合のみ、表示調整をすればOKです。

 

表示環境を快適にできる方法ですので、ご活用ください。

参考:
Claris FileMaker Pro 19 ヘルプ: リファレンス>関数リファレンス>取得関数>Get (ウインドウのズームレベル)
https://help.claris.com/ja/pro-help/content/get-windowzoomlevel.html( 2022-10-03閲覧)

FileMaker開発記事

受発注システム [EC-CUBE連携]

受発注業務をEC-CUBEと連携する事により、顧客情報と受注情報それぞれの入力を自動化。その後の各種事務手続(伝票作成・郵送業務・売上レポート作成等)すべても同時に効率化するツールです。

CRM 顧客管理システム

顧客の現状を俯瞰し、商談状況を一望、そして営業成績を向上させる……企業が顧客との関係をより深く把握し、戦略的に顧客へアプローチすることが可能になるシステムです。

顔パス受付システム

AIサーマルカメラとFileMakerとの連動による新型受付システムです。
顔認証で体温測定と受付を同時に完了、会員登録の手間も不要に。学習塾などでは入退出時に親へメール自動送付サービスもつけられます。

栽培管理システム

栽培管理システム とは、植物工場 での野菜栽培において、膨大なデータを一括管理できるシステムです。高品質な野菜を栽培するために必要なあらゆる情報を見える化し、業務効率向上を図ります。

その他の記事