FileMaker

お役立ちブログ

Trimについて

こんにちは。

今回は、不要なスペースを取り除いてくれる、Trim関数についてです。

まずは構文と例をご紹介します。

構文 
Trim (テキスト)

例 1 
Trim (” トム “) は、「トム」を返します。
例 2 
Trim (Middle (“00230013 William 1234” ; 9 ; 9)) は「William」を返します。

Trim関数を使用して、上記のように、テキストの前後にあるスペースを取り除くことができます。

整合性や統一性を図りたいデータにおいて、データ入力時に誤って入ってしまったスペースを後々取り除く手間は面倒ですし、スペースがあることで照合できなかった、ということは極力避けたいですよね。

実際にデータビューアで確認できる簡単な例とすれば、

Case ( “12345” = “ 12345″ ) ; “一致” ; “不一致” ) 
>>> 1の前にスペースがあるため、”不一致”が返ってきます

Case ( “12345” = Trim ( ” 12345″ ) ; 1 ; 0 ) 
>>> Trimによってスペースが取り除かれるため、”一致”が返ってきます。

(値の確認の際に、データビューアの活用はとても重要だな、と改めて感じています…)

スクリプト上での値の整備やフィールド設定時に活用できると思います!

ただ、Trim関数では、文字間のスペースについては対応できません,,,
その際にはTrimAllを使用するのですが、また改めてご紹介いたします。

参考URL:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/trim.html

 

その他の記事

関数 SortValues について

SortValuesは、指定の値一覧をソートしてくれる関数です。テキスト順、日付順など、希望の順序で値を取り出すことができます。

IsEmpty について

IsEmpty は、フィールド内が空欄、またはエラーが発生した場合は真(1)を返す関数で、様々なシーンで便利に使うことができます。

関数 Abs について

マイナスの値が出るような計算式でもマイナスを表記したくない際に、Abs関数を用いて表示することができます。