FileMaker

お役立ちブログ

TrimAllについて

こんにちは。

今回は、適切にスペースを取り除く/指定のスペースを返してくれる、TrimAll関数についてご紹介します。

構文と説明、例、タイプ種類についてご紹介します。

構文 

TrimAll (テキスト ; 全角詰め ; タイプ)

説明 

TrimAll はテキストまたは全角と半角スペースなどのローマ字以外のスペースを使用する場合に使用します。それ以外の場合は Trim 関数を使用します。

全角スペースを取り除くには、全角詰めを真 (1) に設定します。全角スペースを削除しない場合は、全角詰めを偽 (0) に設定します。

 

 

タイプについて

0

ローマ字以外の文字とローマ字の間のすべてのスペースを取り除きます (ローマ字の間には常にスペースを 1 つ入れます)。

1

ローマ字以外の文字とローマ字の間に常に半角スペースを入れます (ローマ字の間には常にスペースを 1 つ入れます)。

2

ローマ字以外の文字の間のスペースを取り除きます (ローマ字以外の文字とローマ字の間の複数のスペースを減らします。スペースがない場合はスペースを追加しません。ローマ字の間には常にスペースが 1 つ残ります)。

3

すべての場所のすべてのスペースを取り除きます。

 

 

例 1 

TrimAll (” Julian       Scott Dunn “;0;0) は「Julian Scott Dunn」を返します。

例 2 

TrimAll ( 名前 , 1,  0 ) は、「 名前 」フィールドの値が「 山田 太郎 」の場合「 山田太郎 」を返します。

例 3 

TrimAll ( “ファイルメーカー Proは高品質” , 1 , 0 ) は「 ファイルメーカー Proは高品質 」を返します。

TrimAllは、前回ご紹介したTrimと使い方としては同じですが、全角詰めへの対応、タイプを選択することができます。

TrimAllを使うことで、テキスト間のスペースも取り除くことができます。

今回も実際のデータビューアで確認できる例とすると、

Trim ( “山田 太郎” ) & ¶ &

TrimAll ( “山田 太郎” ; 0 ; 0 ) & ¶ &

TrimAll ( “山田 太郎” ; 1 ; 0 )

の結果は

山田 太郎

山田 太郎

山田太郎

となります。

TrimAllで、全角詰めを適用させた際(3行目)に初めて全角スペースは取り除くことができます。

参考URL:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/trimall.html?Highlight=trimall

 

 

その他の記事

NumToJTextについて

今回は、数値を、金額に用いる3桁表示をはじめとした、適切な表示方法で返してくれる、NumToJText関数についてご紹介します。

Middleについて

今回は、フィールドの値を1文字ずつ取り出して配置したい際に活用できる、Middle関数のご紹介です。

DayOfWeekについて

今回は、計算式で週の月曜日の日付を算出する方法をご紹介します。
関数は、DayOfWeekを使用します。