FileMaker

お役立ちブログ

Get (UUID)について

今回も、取得関数から、Get (UUID)についてです。

まずは、ヘルプページに掲載されている、構文とその説明についてご紹介します。

構文 

Get (UUID)

説明

固有の 16 バイト (128 ビット) の文字列を返します。たとえば、この関数を使用してレコードの固有の ID を生成できます。

非保存の計算の場合、Get (UUID) が評価されるたびに新しい文字列を返します。

この関数を使って、レコード固有のIDを生成することができます。

レコードのオプション設定にて、計算値自動入力の欄にGet(UUID)をセットしておくことで、レコードが作成される時点でIDが割り振られるようになります。

レコード作成の基礎中の基礎の取り扱いにはなりますが、ご紹介をさせていただきました。

IDの指定は、各レコードの識別に不可欠なものとなりますので、ぜひご活用ください。

参考サイト:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/get-uuid.html

その他の記事

Letについて

今回は、様々な式に組み込み活用することのできる、Let関数についてご紹介します。

GetValue について

GetValueは、改行で区切られた値の一覧から、指定する行番号の値を返してくれる関数です。