FileMaker

お役立ちブログ

LeftValues 関数について

今回は LeftValues 関数を紹介します。

LeftValues
テキストの左から数えて指定された値数の値を返します。
構文
LeftValues (テキスト ; 値数)
例:
LeftValues ( “メロンパン¶あんパン¶クリームパン
¶コッペパン¶サンドイッチ“; 2)
==>[処理結果]
“メロンパン¶あんパン

(※例は公式ヘルプより日本語に近い表現に変更しています。)

LeftValues 関数は、以前に紹介した GetValue 関数と同様に、改行されたデータが用意されていることを前提としています。

上の例では、「¶」はFileMakerにおける改行を意味します。

したがってメロンパン〜サンドイッチまでは、実際には以下のような改行リストとみなすことができます。

メロンパン
あんパン
クリームパン
コッペパン
サンドイッチ

このうち“左2行ぶん”を切り出す、というのが LeftValues ( メロンパン¶…〜…サンドイッチ ; 2 )の意味するところです。

LeftValues は、「リスト風に改行されたデータの、上からn番目までを切り取りたい」というときに、便利な関数です。

 

 

GetValueと異なる特徴は、LeftValueでは切り出す値毎に改行記号がついた状態で結果が返ってくる、というところです。

LeftValues ( パン一覧; 2 )   = メロンパンあんパン

GetValues ( パン一覧; 1 ) &  & GetValues ( パン一覧; 2 )    = メロンパンあんパン

上記の2つの計算式では、同様の結果が返ってくるのですが、その後にさらにリストを足したい場合には、使用する関数によって最終行の改行記号の有無が異なっていることを覚えておいたほうがいいでしょう。

参考:
カワイ事務機|FileMakerブログ「GetValueについて」
https://kawai-j.co.jp/filemaker/12981/get-value/ (2022-04-18 閲覧)

Claris FileMaker Pro 19 ヘルプ: リファレンス>関数リファレンス>テキスト関数>LeftValues
https://help.claris.com/ja/pro-help/content/leftvalues.html (2022-04-18 閲覧)

 

FileMaker開発記事

顔パス受付システム

AIサーマルカメラとFileMakerとの連動による新型受付システムです。
顔認証で体温測定と受付を同時に完了、会員登録の手間も不要に。学習塾などでは入退出時に親へメール自動送付サービスもつけられます。

栽培管理システム

栽培管理システム とは、植物工場 での野菜栽培において、膨大なデータを一括管理できるシステムです。高品質な野菜を栽培するために必要なあらゆる情報を見える化し、業務効率向上を図ります。

CRM 顧客管理システム

顧客の現状を俯瞰し、商談状況を一望、そして営業成績を向上させる……企業が顧客との関係をより深く把握し、戦略的に顧客へアプローチすることが可能になるシステムです。

修理受付システム

修理受付から請求までの業務を一元管理。Web予約連動、クレジット請求連動などの業務を効率化します。ほか顧客履歴、部品在庫管理、発注リストなどあらゆる関連業務に対応しています。

その他の記事

TrimAllについて

今回は、適切にスペースを取り除く/指定のスペースを返してくれる、TrimAll関数についてご紹介します。