FileMaker

お役立ちブログ

Randomについて

今回は、ランダム表示を行いたい際に活用できる、Random関数についてです。

まずは、ヘルプページに掲載されている、構文と例についてご紹介します。

構文 

Random

例 1 

Int (Random * 10) は、0 から 9 までの乱数を返します。

例 2 

Int (Dice::NumSides * Random) + 1 は、ランダムに選択した単一のサイコロの辺を返します。

次のスクリプトは複数回のサイコロの回転を計算し、回転を単一の変数に追加し、結果をカスタムダイアログに表示します。

Loop

    変数を設定 [$ROLL ; 値: $ROLL + (Int (Test::NumSides * Random) + 1)]

    変数を設定 [$COUNTER ; 値: $COUNTER + 1]

    Exit Loop If [$COUNTER = Dice::NumDice]

End Loop

カスタムダイアログを表示 [$ROLL]

Random関数そのままでは、小数点の値が返ってくるので、例1のように10をかけて、Int関数(←以前の記事リンクに遷移できます)で整数のみを取り出す事で、0から9までのランダムな数字を返してくれます。

こちらを活用して、例えば、出退勤画面の表示コメントをランダム表示したい、とすると

Let (

~n = Int(Random*10);

Case (

~n = 0 or ~n = 5 ; “今日も元気に頑張りましょう” ;

~n = 1 or ~n = 6 ; “体調管理に気をつけて” ;

~n = 2 or ~n = 7 ; “報連相を忘れずに” ;

~n = 3 or ~n = 8 ; “整理整頓を意識しましょう” ;

~n = 4 or ~n = 9 ; “笑顔で元気に挨拶を” ;

)

)

と計算フィールドまたはボタンの計算式に入れる事で、5つの文章がランダム表示されるようになります!

少し遊び心のある活用方法にはなりますが、様々な場面で応用できるかと思います。

 

 

 

 

参考サイト:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/random.html?cshid=HID_Calc_Random

その他の記事

GetValue について

GetValueは、改行で区切られた値の一覧から、指定する行番号の値を返してくれる関数です。