FileMaker

お役立ちブログ

Right関数で時間の表示を整形してみる

以前、このお役立ちブログで Left 関数を紹介しました。
Left関数は、対象の文字列のうち、指定した文字数だけ“左端から”切り取る処理をしてくれる関数でした。
今回紹介するRightは、その右端からのバージョンです。

Right
テキストの右から指定した文字数分のテキストを返します。

構文
Right (テキスト ; 文字数)
例1
Right (“職人の仕事” ; 2) は、「仕事」を返します。

ところでこのRight関数、実は私たちの開発現場でも使う頻度がそれなりに多いのです。
日付や時間を表示させるとき、本当に欲しい桁数通りに表示できないことはありませんか?
そういうときには、以下のようにRight関数で再計算してしまえばよいのです。

// 「2022年3月」を「2203」と表示させたい時……。

//(「年」フィールドに”2022″, 「月」フィールドに “3” が格納されているとする)

Right ( 年 ; 2 ) & Right ( “0” & 月 ; 2 )
=>[処理結果] “2203”

この計算式のポイントは、「月」フィールドの手前に、”0″ の文字列を追加していることです。(※)

このようにすることで、「3」月の場合は「03」月と0を補って出力することができますし、「11」月の場合は「011」と3桁の数字になったところの右2桁だけを切り出し、結果として「11」月のまま出力することができる……というわけです。

※ “&” は、文字列どうしをつなげる働きをもつ演算子です。Microsoft Excel 等の表計算アプリにおける & と共通のはたらきを持ちます。

この計算を活かせば、「年月日や時刻を利用した伝票番号の出力」を、桁数を揃えて出力することができたりします。

社内で伝票や見積書のレコードを出力するときに、Right関数やLeft関数を使って、一貫性のあるIDを割り振ることができるのです。ぜひご活用ください。

参考:

Claris FileMaker Pro 19 ヘルプ: リファレンス>関数リファレンス>テキスト関数>Right
https://help.claris.com/ja/pro-help/content/right.html (2022-04-15 閲覧)

FileMaker開発記事

葬儀システム

葬儀プランを構成する複雑な商品・サービスのすべてをシステム上で一元管理。受付から施工・請求までスムーズに対処できます。タブレット活用により、誰でも簡単にプラン見積が可能に。

受発注システム [EC-CUBE連携]

受発注業務をEC-CUBEと連携する事により、顧客情報と受注情報それぞれの入力を自動化。その後の各種事務手続(伝票作成・郵送業務・売上レポート作成等)すべても同時に効率化するツールです。

顔パス受付システム

AIサーマルカメラとFileMakerとの連動による新型受付システムです。
顔認証で体温測定と受付を同時に完了、会員登録の手間も不要に。学習塾などでは入退出時に親へメール自動送付サービスもつけられます。

CRM 顧客管理システム

顧客の現状を俯瞰し、商談状況を一望、そして営業成績を向上させる……企業が顧客との関係をより深く把握し、戦略的に顧客へアプローチすることが可能になるシステムです。

その他の記事