FileMaker

お役立ちブログ

UniqueValuesについて

今回は、特定の値からユニークな値だけを返してくれる、UniqueValues関数のご紹介です。

まずは、構文と例をご紹介します。

構文
UniqueValues (値 {; データタイプ ; ロケール})
(ロケールの数値はValueCount同様)

例 1 
UniqueValues (“34¶600¶18¶600¶18.0” ; 2) は「34¶600¶18¶」を返します。
例 2 
UniqueValues (Product::Colors) はロケールが英語のファイルのテキストのデフォルトのデータタイプに基づいて次のように重複を取り除きます:
RED¶green¶yellow¶
「Product::Colors」フィールドに「RED¶green¶red¶yellow¶」が含まれている場合に上記の値が返されます。

UniqueValuesを活用することで、リスト上の重複を取り除くことが可能です。

例えば、スクリプト上で、特定のIDを絞り込んでリスト化し、その後のスクリプトに組み込みたい場合に、
UniqueValues($ids) などとすることで、簡単に重複のないリストを取り出すことができます。

一点注意が必要なのは、$idsが改行区切りであった場合、最後方の改行は残ってしまうので、件数を換算して処理を進める場合には、最後の空白は取り除いておくことが望ましいです。

ぜひ活用してみてください。

 

 

 

参考URL:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/uniquevalues.html?Highlight=Unique

 

FileMaker開発記事

顔パス受付システム

AIサーマルカメラとFileMakerとの連動による新型受付システムです。
顔認証で体温測定と受付を同時に完了、会員登録の手間も不要に。学習塾などでは入退出時に親へメール自動送付サービスもつけられます。

CRM 顧客管理システム

顧客の現状を俯瞰し、商談状況を一望、そして営業成績を向上させる……企業が顧客との関係をより深く把握し、戦略的に顧客へアプローチすることが可能になるシステムです。

葬儀システム

葬儀プランを構成する複雑な商品・サービスのすべてをシステム上で一元管理。受付から施工・請求までスムーズに対処できます。タブレット活用により、誰でも簡単にプラン見積が可能に。

栽培管理システム

栽培管理システム とは、植物工場 での野菜栽培において、膨大なデータを一括管理できるシステムです。高品質な野菜を栽培するために必要なあらゆる情報を見える化し、業務効率向上を図ります。

その他の記事

関数 Abs について

マイナスの値が出るような計算式でもマイナスを表記したくない際に、Abs関数を用いて表示することができます。