FileMaker

お役立ちブログ

UniqueValuesについて

今回は、特定の値からユニークな値だけを返してくれる、UniqueValues関数のご紹介です。

まずは、構文と例をご紹介します。

構文
UniqueValues (値 {; データタイプ ; ロケール})
(ロケールの数値はValueCount同様)

例 1 
UniqueValues (“34¶600¶18¶600¶18.0” ; 2) は「34¶600¶18¶」を返します。
例 2 
UniqueValues (Product::Colors) はロケールが英語のファイルのテキストのデフォルトのデータタイプに基づいて次のように重複を取り除きます:
RED¶green¶yellow¶
「Product::Colors」フィールドに「RED¶green¶red¶yellow¶」が含まれている場合に上記の値が返されます。

UniqueValuesを活用することで、リスト上の重複を取り除くことが可能です。

例えば、スクリプト上で、特定のIDを絞り込んでリスト化し、その後のスクリプトに組み込みたい場合に、
UniqueValues($ids) などとすることで、簡単に重複のないリストを取り出すことができます。

一点注意が必要なのは、$idsが改行区切りであった場合、最後方の改行は残ってしまうので、件数を換算して処理を進める場合には、最後の空白は取り除いておくことが望ましいです。

ぜひ活用してみてください。

 

 

 

参考URL:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/uniquevalues.html?Highlight=Unique

 

その他の記事

Positionについて

今回は、特定のテキストの場所を指定し値を取り出たい時に活用できる、Position関数のご紹介です。

ValueCount について

ValueCount関数は、GetValue関数と同じく、改行で区切られたテキスト値の一覧を適切な形で返してくれる関数で、テキスト値の合計数を返してくれます。

Substitute について

Substitute関数とは、指定したテキスト内にある文字や記号を、特定のテキストに置き換えることができるという関数です。

JSON関数について

FIlemakerのスクリプト上で大量のデータを扱う際に万能に活用できるJSON関数について、活用意義や関数の一覧についてご紹介します。