FileMaker

お役立ちブログ

コメント行の挿入

今回は、スクリプトや計算式に用いることのできる、コメント行の作成についてです。

スクリプトや計算式が複雑なものになっていると、後から見返したりメンテナンスしたりする際に、自分がどの様な構造で作成したものか、思い出すのに時間を要する場合もあるかと思います。

そんな時に活用していただきたいのが、コメント行の挿入です。

作成の意図や目的、構造についてメモしておくことで、メンテナンスがスムーズになります。誰がみても構成がわかる様になっていれば、チームでの開発もスムーズに進めることができます。

FileMakerにおけるコメント行の作成に用いる記号は、次の2種類です。

1. //

2. */…/*

コメント行が1行でおさまる場合には 1番が使用できますが、複数行必要な場合には2番を用います。

2番は、この様に前後を挟み込む形で使用します。

*/ コメント行を記入します

改行しても適用できます /*

 

まだお使いでない方はぜひ試してみてください。

FileMaker開発記事

葬儀システム

葬儀プランを構成する複雑な商品・サービスのすべてをシステム上で一元管理。受付から施工・請求までスムーズに対処できます。タブレット活用により、誰でも簡単にプラン見積が可能に。

墓掃除システム

墓地管理、墓地清掃、供花管理など、定期的な作業を標準化。煩雑な業務作業の見える化を可能にするシステムです。

受発注システム [EC-CUBE連携]

受発注業務をEC-CUBEと連携する事により、顧客情報と受注情報それぞれの入力を自動化。その後の各種事務手続(伝票作成・郵送業務・売上レポート作成等)すべても同時に効率化するツールです。

顔パス受付システム

AIサーマルカメラとFileMakerとの連動による新型受付システムです。
顔認証で体温測定と受付を同時に完了、会員登録の手間も不要に。学習塾などでは入退出時に親へメール自動送付サービスもつけられます。

その他の記事

IsEmpty について

IsEmpty は、フィールド内が空欄、またはエラーが発生した場合は真(1)を返す関数で、様々なシーンで便利に使うことができます。