FileMaker

お役立ちブログ

関数 Int について

こんにちは。

今回は、数字関数 Int の活用方法をご紹介します。

まずは、FileMakerヘルプサイトに掲載されている構文と例を確認しておきます。

構文 

Int (数値)

例 1 

Int (1.45) は、「1」を返します。

Int (-3.9) は、「-3」を返します。

Int (123.9) は、「123」を返します。

Int (選手数 / 3) は、「選手数」の値が「13」である場合、「4」を返します。

Intは、見ていただいて分かるとおり、小数点以下を無視した整数部分を返す関数です。

例文の4つ目のように、割り切れない場合でも整数で返して欲しい際等に活用できます。

Intはスクリプト上でも便利に活用することができます。

例えば、同じレイアウト上に5つのボタン機能を配置して、それをさらに3つの異なるレイアウト上で機能させたい、となった際に、引数が3×5の15個必要となります。

ですが、スクリプト引数をそれぞれ1〜15と指定するのはなんだかスクリプトもまとまらずわかりにくいですよね。

そこで、1.1、1.2、1.3、1.4、1.5、2.1 … 3.5 と、引数を小数点を使って順に指定します。

スクリプト上ではIntを使って表記します。

If ( Int ( Get ( スクリプト引数 ) ) = 1 )

  If ( Get ( スクリプト引数 ) = 1.1 )

  If ( Get ( スクリプト引数 ) = 1.2 )

If ( Int ( Get ( スクリプト引数 ) ) = 2 )

  If ( Get ( スクリプト引数 ) = 2.1 )

上記のように、レイアウトごとに引数をまとめることで、後からスクリプトを見返す際にわかりやすいと思います!

ぜひご活用ください。

     

参考サイト:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/int.html?Highlight=『Int(%20数値%20)』

その他の記事

Year,Month,Day について

この3つの関数は、日付の値を返す関数で、単独で使用することもできれば、先週ご紹介したDate関数と組み合わせて活用することもできます。

Case について

Case関数は、条件分けを行いながら1つの結果を導き出すことができる、非常に便利な関数です。

IsEmpty について

IsEmpty は、フィールド内が空欄、またはエラーが発生した場合は真(1)を返す関数で、様々なシーンで便利に使うことができます。