FileMaker

お役立ちブログ

年跨ぎの月を表示する方法

日付関数については何度かご紹介していますが、今回は、年跨ぎの月を表示する方法に絞ってご紹介します。

初めに、ヘルプページの月を返すMonthの構文を掲載します。

構文

Month (日付)

例 1

Month (“2019/03/19”) は 3 を返します (オペレーティングシステムの日付形式が YYYY/MM/DD の場合)。

例 2

Month (支払い) は、「支払い」フィールドの値が「2019/03/19」の場合、「3」を返します(「支払い」フィールドが日付フィールドである必要があります)。

例 3

「請求期限:」に続いて「販売日」の 1 か月後の日付の値を返します。

“請求期限: ” &
Date (
Month (販売日) + 1 ;
Day (販売日) ;
Year (販売日)
)

”年跨ぎの月を表示する方法”をなぜテーマとしたかと言うと、必要な値が”月”だけであったとしても、実はMonth関数だけでは年跨ぎの月をうまく表示することができないからです。

例えば、今月2023年1月の、1ヶ月後の月ならば、

Month ( Get(日付) ) + 1  = 2月

とできますが、1ヶ月前、となると、

Month ( Get(日付) ) – 1  = 0

となってしまいます。

そのためこの場合は、上記の例3のようにDate関数と組み合わせる必要があります。

 Month (

  Date (  Month (Get(日付))  – 1 ; Day (Get(日付)) ; Year (Get(日付))  )

)

と、Date関数をMonth関数に入れて値を返せば、正しく12月の表示となります。

中のDate関数内は、

Month (

  Date (  Month (Get(日付))  ; 0 ; Year (Get(日付))  )

)

としても同様の結果が返ります。

ぜひ試してみてください。

参考:
Claris FileMaker Pro 19 ヘルプ: リファレンス>関数リファレンス>日付関数>Month

https://help.claris.com/ja/pro-help/content/month.html(2023-1-16閲覧)

FileMaker開発記事

墓掃除システム

墓地管理、墓地清掃、供花管理など、定期的な作業を標準化。煩雑な業務作業の見える化を可能にするシステムです。

修理受付システム

修理受付から請求までの業務を一元管理。Web予約連動、クレジット請求連動などの業務を効率化します。ほか顧客履歴、部品在庫管理、発注リストなどあらゆる関連業務に対応しています。

葬儀システム

葬儀プランを構成する複雑な商品・サービスのすべてをシステム上で一元管理。受付から施工・請求までスムーズに対処できます。タブレット活用により、誰でも簡単にプラン見積が可能に。

マイページ機能

FileMakerとWebサイトとの連携で、顧客との円滑なやり取りが可能となるほか、業務効率の改善にも繋がります。

その他の記事

エラー処理について

今回はスクリプトステップの一つであるエラー処理について、基礎的な部分から、オンにした際の後処理について紹介します。

ValueCount について

ValueCount関数は、GetValue関数と同じく、改行で区切られたテキスト値の一覧を適切な形で返してくれる関数で、テキスト値の合計数を返してくれます。