FileMaker

お役立ちブログ

WeekOfYearFiscalについて

今回は、開始日に従って計算された日付を含む週を表す数値を返す、WeekOfYearFiscal についてです。

下記にヘルプページ掲載の構文と例題を記載します。

構文

WeekOfYearFiscal (日付 ; 開始日)

 

例 1

WeekOfYearFiscal (Date (1 ; 7 ; 2008) ; 1) は「2」を返します。

WeekOfYearFiscal (Date (1 ; 1 ; 2009) ; 5) は「1」を返します。

WeekOfYearFiscal (Date (1 ; 2 ; 2009) ; 1) は「53」を返します。

先週ご紹介させていただいた WeekOfYear と異なるのは、開始の曜日を選択できるということです。

年の最初の週は、その年の日付を 4 日以上含む第 1 週目を指します。

例えば、今年2022年は、土曜日始まりでした。

2022年初めての月曜日は、1月3日ですが、WeekOfYearを使用すると、日曜日が起点となり、1月1日の翌週のため、2週目の扱いとなってしまいます。

毎週月曜日に自動作成されるレポート等、決まった曜日に算出する場合に、WeekOfYearFiscal を使って採番することで、意向通りの採番をすることができます。

式にすると、下記の通りとなります。

WeekOfYear ( Date ( 1 ; 3 ; 2022 ) )  → 2

WeekOfYearFiscal ( Date ( 1 ; 3 ; 2022 ) ; 2 ) → 1

ぜひ、参考にしてみてください。

参考:
Claris FileMaker Pro 19 ヘルプ: リファレンス>関数リファレンス>書式設定関数>WeekOfYearFiscal

https://help.claris.com/ja/pro-help/content/weekofyearfiscal.html(2022-08-23閲覧)

FileMaker開発記事

受発注システム [EC-CUBE連携]

受発注業務をEC-CUBEと連携する事により、顧客情報と受注情報それぞれの入力を自動化。その後の各種事務手続(伝票作成・郵送業務・売上レポート作成等)すべても同時に効率化するツールです。

顔パス受付システム

AIサーマルカメラとFileMakerとの連動による新型受付システムです。
顔認証で体温測定と受付を同時に完了、会員登録の手間も不要に。学習塾などでは入退出時に親へメール自動送付サービスもつけられます。

修理受付システム

修理受付から請求までの業務を一元管理。Web予約連動、クレジット請求連動などの業務を効率化します。ほか顧客履歴、部品在庫管理、発注リストなどあらゆる関連業務に対応しています。

CRM 顧客管理システム

顧客の現状を俯瞰し、商談状況を一望、そして営業成績を向上させる……企業が顧客との関係をより深く把握し、戦略的に顧客へアプローチすることが可能になるシステムです。

その他の記事

Positionについて

今回は、特定のテキストの場所を指定し値を取り出たい時に活用できる、Position関数のご紹介です。