FileMaker

お役立ちブログ

ページに関係する関数について

今回は、印刷レイアウトにあると便利な、ページに関係する関数についてです。

Get(ページ数)と、Get(ページ番号)をご紹介します。

Get (ページ番号)

例 1:4 ページを印刷またはプレビューしている場合、「4」を返します。

説明:何も印刷またはプレビューしていない場合、「0」を返します。

 

Get (ページ数)

説明:印刷または PDF として保存するときに合計ページ数を表示するには、 ページ数記号をレイアウトに挿入します。

   何も印刷していない場合または PDF として保存していない場合は、何も返されないかまたは「?」が返されます。

使い方は至ってシンプルで、全体のページ総数を示すのは Get(ページ数)、そのうちの何ページ目かを示すのはGet(ページ番号)です。

印刷レイアウトの右上や下部に配置しておけば、よくあるページング表示をすることができます。

Get関数で表記するならば、計算ボタンを置いて、

Get(ページ番号) & “/” Get(ページ数)

と設定します。

 

また、変数挿入で記号表示をするだけで、Get(ページ数)・Get(ページ番号)と同様の値を表示することもできます。

覚えておくと圧倒的に便利ですので、また次回、ご紹介させていただきます。

ぜひ活用してみてください。

参考:
Claris FileMaker Pro 19 ヘルプ: リファレンス>関数リファレンス>取得関数>
https://help.claris.com/ja/pro-help/content/get-pagecount.html(2022-06-27閲覧)

Claris FileMaker Pro 19 ヘルプ: リファレンス>関数リファレンス>取得関数>
https://help.claris.com/ja/pro-help/content/get-pagenumber.html(2022-06-27閲覧)

FileMaker開発記事

墓掃除システム

墓地管理、墓地清掃、供花管理など、定期的な作業を標準化。煩雑な業務作業の見える化を可能にするシステムです。

栽培管理システム

栽培管理システム とは、植物工場 での野菜栽培において、膨大なデータを一括管理できるシステムです。高品質な野菜を栽培するために必要なあらゆる情報を見える化し、業務効率向上を図ります。

葬儀システム

葬儀プランを構成する複雑な商品・サービスのすべてをシステム上で一元管理。受付から施工・請求までスムーズに対処できます。タブレット活用により、誰でも簡単にプラン見積が可能に。

受発注システム [EC-CUBE連携]

受発注業務をEC-CUBEと連携する事により、顧客情報と受注情報それぞれの入力を自動化。その後の各種事務手続(伝票作成・郵送業務・売上レポート作成等)すべても同時に効率化するツールです。

その他の記事

ValueCount について

ValueCount関数は、GetValue関数と同じく、改行で区切られたテキスト値の一覧を適切な形で返してくれる関数で、テキスト値の合計数を返してくれます。