FileMaker

お役立ちブログ

OnObjectEnterについて

前回はスクリプトトリガの設定領域を紹介しました。

今回はトリガの種類の1つのOnObjectEnterについて紹介します。

OnObjectEnter

次の動作が発生した結果、レイアウトオブジェクトがアクティブになるとスクリプトが実行されます:

・ユーザがオブジェクトにタブ設定をする
・ユーザがオブジェクトをクリックする
・スクリプトステップによってオブジェクトが入力される
・ユーザが繰り返しフィールド内の繰り返し項目間で移動する

フィールドは中に値が入ってからトリガを発火させることが多いとは思いますが、例えばタブに設定を行えば、タブをクリックした際に、計算式が更新されて値が最新のものになる、など、便利に活用することができます。

フィールドに設定する例で言うと、入力時に必ず守ってほしいルールがあれば、ダイアログを出して注意喚起するのもいいかもしれません。

参考URL:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/onobjectenter.html(2023/6/27 閲覧)

FileMaker開発記事

葬儀システム

葬儀プランを構成する複雑な商品・サービスのすべてをシステム上で一元管理。受付から施工・請求までスムーズに対処できます。タブレット活用により、誰でも簡単にプラン見積が可能に。

CRM 顧客管理システム

顧客の現状を俯瞰し、商談状況を一望、そして営業成績を向上させる……企業が顧客との関係をより深く把握し、戦略的に顧客へアプローチすることが可能になるシステムです。

栽培管理システム

栽培管理システム とは、植物工場 での野菜栽培において、膨大なデータを一括管理できるシステムです。高品質な野菜を栽培するために必要なあらゆる情報を見える化し、業務効率向上を図ります。

修理受付システム

修理受付から請求までの業務を一元管理。Web予約連動、クレジット請求連動などの業務を効率化します。ほか顧客履歴、部品在庫管理、発注リストなどあらゆる関連業務に対応しています。

その他の記事