FileMaker

お役立ちブログ

Get (アクティブフィールド内容)について

フォーカスがあるフィールドの内容を返す取得関数についてです。

下記にヘルプページ掲載の構文と説明を記載します。

構文

Get (アクティブフィールド内容)

例 1

フォーカスが「名前」フィールドにあり、そのフィールドに「店」というデータが含まれている場合、「店」を返します。

ヘルプページの説明文に、「このような計算式は、スクリプトの進行にともなって複数のフィールドのデータを確認する場合にスクリプトで使用すると便利です。」とありますが、

例えば、複数の入力欄に順に数値を入れてもらいたいレイアウトがあり、数字以外の文字を入力した時にエラー表示を出したいとします。

フィールドを数字入力のみに制限すれば制御は可能ですが、その際のエラー時に現れるダイアログはFileMakerのデフォルトのものなので、ユーザーにとっては混乱を招く文言の場合もあります。

その場合、各フィールドに、

Get (アクティブフィールド内容) ≠ Filter ( Get (アクティブフィールド内容) ; “1234567890” )

の場合は、

”数字のみで入力を行ってください”とダイアログを表示する

というスクリプトトリガを設定しておけば判定が可能です。

(上のif分は、”アクティブなフィールドが、Filterで数値のみを取り出した時と内容が異なっている = テキストが含まれている”という判定を使っています。)

こうすることで、一つ一つのフィールド名を指定することなく複数箇所で活用することができます。

参考:
Claris FileMaker Pro 19 ヘルプ: リファレンス>関数リファレンス>取得関数>Get (アクティブフィールド内容)

https://help.claris.com/ja/pro-help/content/get-activefieldcontents.html( 2022-11-28閲覧)

FileMaker開発記事

葬儀システム

葬儀プランを構成する複雑な商品・サービスのすべてをシステム上で一元管理。受付から施工・請求までスムーズに対処できます。タブレット活用により、誰でも簡単にプラン見積が可能に。

墓掃除システム

墓地管理、墓地清掃、供花管理など、定期的な作業を標準化。煩雑な業務作業の見える化を可能にするシステムです。

栽培管理システム

栽培管理システム とは、植物工場 での野菜栽培において、膨大なデータを一括管理できるシステムです。高品質な野菜を栽培するために必要なあらゆる情報を見える化し、業務効率向上を図ります。

修理受付システム

修理受付から請求までの業務を一元管理。Web予約連動、クレジット請求連動などの業務を効率化します。ほか顧客履歴、部品在庫管理、発注リストなどあらゆる関連業務に対応しています。

その他の記事

ValueCount について

ValueCount関数は、GetValue関数と同じく、改行で区切られたテキスト値の一覧を適切な形で返してくれる関数で、テキスト値の合計数を返してくれます。