FileMaker

お役立ちブログ

Sign関数について

今回は、数値が正の値か負の値かを判別する関数Signについてです。

まずは、ヘルプページの構文と例を掲載します。

構文 

Sign (数値)

例 1 

Sign (15.12) は、「1」を返します。

Sign (-175) は、「-1」を返します。

Sign (未払い残高) は、「未払い残高」が「0」を含む数字フィールドである場合、「0」を返します。

 

この関数を活用する場面として、スクリプト内の分岐や、レイアウトの表示非表示等あるかと思いますが、今回は条件付き書式の設定での活用例をご紹介します。

 

例えば、前回同様車両管理の画面において、走行距離を表示したいレイアウトがあったとします。

車両をその日に利用したとすれば、走行距離は必ず正の値が入るべきであり、0または負の値になっているならば、エラー表示をすべきですよね。

スクリプトを走らせて、忠告文を出しても良いかと思いますが、0または負の値の時には赤色の表示にするだけでも、入力ミスや入力漏れに気がつくことができます。

 

条件付き書式に、

Sign(走行距離) ≠ 1  の時(走行距離が正の値でない時)に、文字色を赤

としておけば、完了です。

 

走行距離 > 0 としても同じですが、不等号は≧と>の場合わけをしっかり行なわないと、うっかりミスをしてしまうこともあるので…

正負の判別時には、Sign関数を活用してみるのも便利かもしれません。

  

FileMakerヘルプ

Sign https://help.claris.com/ja/pro-help/content/sign.html

FileMaker開発事例

修理受付システム

修理受付から請求までの業務を一元管理。Web予約連動、クレジット請求連動などの業務を効率化します。ほか顧客履歴、部品在庫管理、発注リストなどあらゆる関連業務に対応しています。

受発注システム [EC-CUBE連携]

受発注業務をEC-CUBEと連携する事により、顧客情報と受注情報それぞれの入力を自動化。その後の各種事務手続(伝票作成・郵送業務・売上レポート作成等)すべても同時に効率化するツールです。

墓掃除システム

墓地管理、墓地清掃、供花管理など、定期的な作業を標準化。煩雑な業務作業の見える化を可能にするシステムです。

栽培管理システム

栽培管理システム とは、植物工場 での野菜栽培において、膨大なデータを一括管理できるシステムです。高品質な野菜を栽培するために必要なあらゆる情報を見える化し、業務効率向上を図ります。

その他の記事

IsEmpty について

IsEmpty は、フィールド内が空欄、またはエラーが発生した場合は真(1)を返す関数で、様々なシーンで便利に使うことができます。