FileMaker

お役立ちブログ

Letについて

今回は、様々な式に組み込み活用することのできる、Let関数についてご紹介します。

まずは、構文と例をご紹介します。

構文 

Let ({[} 変数 1 = 式 1 {; 変数 2 = 式 2…]}; 計算)

例 1 

Let (x = 5 ; x * x) は、「25」を返します。
Let ([x = 5 ; squared = x * x ; cubed = squared * x] ; cubed) は、「125」を返します。

例 2
この例では、「サンフランシスコ-パリ」を返します。

Let (
    City = “パリ” ;
    Let (

        City = “サンフランシスコ” ;
        City & ” – “

    )
& City)

Let は、計算式の中で変数に置き換えをしたい際に活用することができ、計算式を端的に構成することができます。

Letを用いることで、作成した式が複雑化するのを防ぐことができます。

構文内では、左から右へ変数を設定します。

Let内で [  ] を用いて、定義付けの部分をまとめておくこともできます。

例えば、例2の構造を紐解くと、3つの定義を行うことで、最終的なcubedの値が”125”となっています。

Let (
① [ x = 5 ;
  squared = x * x ;  (5×5=25)

  cubed = squared * x ]  (25×5=125)
; cubed)

この例文の場合はつまりは5×5×5の計算式なのですが、実際にはフィールドの数値を使う動的な値である場合が多く、

毎回フィールド名を計算式に組み込むことは、

1.式が見にくい
2.修正時に漏れが起こりやすい

などのデメリットが生じます。

自分自身が後から見直す場合でも、自分以外の人がメンテナンスを行う必要性がある場合でも、わかりやすいスクリプトを作成しておくことで、不具合の原因特定、内容の修正をスムーズに進めることができます。

Letを活用して、わかりやすい計算式、便利なスクリプトを活用していきましょう。

 

参考サイト:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/let.html

その他の記事

IsEmpty について

IsEmpty は、フィールド内が空欄、またはエラーが発生した場合は真(1)を返す関数で、様々なシーンで便利に使うことができます。

SerialIncrementについて

今回は、指定された値に含まれるテキストと数字の組み合わせを指定された量だけ数字を増分して返す、SerialIncrementについてです