FileMaker

お役立ちブログ

Positionについて

今回は、特定のテキストの場所を指定し値を取り出たい時に活用できる、Position関数のご紹介です。

まずは、構文と例をご紹介します。

構文 

Position (テキスト ; 検索テキスト ; 先頭文字位置 ; 回数)

例 1 

Position (“Mississippi” ; “iss” ; 1 ; 1) は、「2」を返します。

Position (“Mississippi” ; “iss” ; 1 ; 2) は、「5」を返します。

Position (“Mississippi” ; “iss” ; 3 ; 1) は、「5」を返します。

例 2 

Left (名前 ; Position (名前 ; ” ” ; 1 ; 1) – 1) は、「名前」テキストフィールドの値が「William Smith」の場合、「William」を返します。

例 3 

Right (名前 ; Length (名前) – Position (名前 ; ” ” ; Length (名前) ; – 1)) は、「Smith」を返します。

例題だけでは噛み砕きにくい部分があるので、実際の数値を分解してご紹介します。

基本は例1のように、指定された回数目の先頭文字位置を返してくれる関数です。

例1の3つ目の例

Position (“Mississippi” ; “iss” ; 3 ; 1) は、「5

は、

Mississippi のテキスト内の3文字目からを基準に、1回目に現れる iss の 文字位置は ….. 5番目

ということになります。

また、

例2、3のように、LeftやRightと組み合わせることで、テキストを抜き取ることもできます。

例2を分解すると、

Position (名前 ; ” ” ; 1 ; 1) は、William Smithの先頭(1文字目)から考えてスペースの先頭文字位置を返すので、8となります。

Left (名前 ; 8 – 1) となり、William Smithの左から7文字を返すことになるので、Williamとなるのです。

 

こちらの関数は、検索テキストや回数指定の工夫をすることで、規則的なhtmlソースの中から値を取り出すことも可能です。

様々な活用方法があると思いますので、ぜひ便利に使ってみてください。

 

参考URL:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/position.html?Highlight=%E3%80%80position

 

その他の記事

Year,Month,Day について

この3つの関数は、日付の値を返す関数で、単独で使用することもできれば、先週ご紹介したDate関数と組み合わせて活用することもできます。

JSON関数について

FIlemakerのスクリプト上で大量のデータを扱う際に万能に活用できるJSON関数について、活用意義や関数の一覧についてご紹介します。