FileMaker

お役立ちブログ

Positionについて

今回は、特定のテキストの場所を指定し値を取り出たい時に活用できる、Position関数のご紹介です。

まずは、構文と例をご紹介します。

構文 

Position (テキスト ; 検索テキスト ; 先頭文字位置 ; 回数)

例 1 

Position (“Mississippi” ; “iss” ; 1 ; 1) は、「2」を返します。

Position (“Mississippi” ; “iss” ; 1 ; 2) は、「5」を返します。

Position (“Mississippi” ; “iss” ; 3 ; 1) は、「5」を返します。

例 2 

Left (名前 ; Position (名前 ; ” ” ; 1 ; 1) – 1) は、「名前」テキストフィールドの値が「William Smith」の場合、「William」を返します。

例 3 

Right (名前 ; Length (名前) – Position (名前 ; ” ” ; Length (名前) ; – 1)) は、「Smith」を返します。

例題だけでは噛み砕きにくい部分があるので、実際の数値を分解してご紹介します。

基本は例1のように、指定された回数目の先頭文字位置を返してくれる関数です。

例1の3つ目の例

Position (“Mississippi” ; “iss” ; 3 ; 1) は、「5

は、

Mississippi のテキスト内の3文字目からを基準に、1回目に現れる iss の 文字位置は ….. 5番目

ということになります。

また、

例2、3のように、LeftやRightと組み合わせることで、テキストを抜き取ることもできます。

例2を分解すると、

Position (名前 ; ” ” ; 1 ; 1) は、William Smithの先頭(1文字目)から考えてスペースの先頭文字位置を返すので、8となります。

Left (名前 ; 8 – 1) となり、William Smithの左から7文字を返すことになるので、Williamとなるのです。

 

こちらの関数は、検索テキストや回数指定の工夫をすることで、規則的なhtmlソースの中から値を取り出すことも可能です。

様々な活用方法があると思いますので、ぜひ便利に使ってみてください。

 

参考URL:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/position.html?Highlight=%E3%80%80position

 

その他の記事

関数 Abs について

マイナスの値が出るような計算式でもマイナスを表記したくない際に、Abs関数を用いて表示することができます。

Substitute について

Substitute関数とは、指定したテキスト内にある文字や記号を、特定のテキストに置き換えることができるという関数です。