FileMaker

お役立ちブログ

数字の縦表示について

こんにちは。

今回は、数字を縦書きで表示したい際の方法について、紹介させていただきます。

あまり縦表示する機会はないかもしれませんが、はがきのレイアウト等に活用していただけるかと思います。

そこで使用する関数が、RomanZenkaku関数です。

FileMakerヘルプサイトに掲載されている構文と例を確認しておきます。

構文 

RomanZenkaku (テキスト)

例 1 

RomanZenkaku (“Macintosh”) は、「Macintosh」を返します。

RomanZenkaku関数は、テキストの半角の英数字を全角に変換してくれる関数です。

反対に、半角に統一したい場合にはRomanHankaku関数を使用します。

普段はあまりわざわざ全角にすることはないかもしれませんが、例えば、文字を縦表示にしたい際には、半角のままでは横向きに表示されてしまうため、全角に変換しておく必要があります。

数字縦表示のはがきサンプル

通常の表記は半角の方が見栄えが良いこともあるので、縦表示にしたいフィールドがある際には、別途変換用の計算フィールドを設けるのがいいかもしれませんね。(画像では加えてハイフンをひらがなに変換しています)

ぜひ活用してみてください!

参考サイト:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/romanzenkaku.html

その他の記事

関数 Abs について

マイナスの値が出るような計算式でもマイナスを表記したくない際に、Abs関数を用いて表示することができます。

関数 Int について

Intは、小数点以下を無視した整数部分を返す関数です。数字関数 Int の活用方法をご紹介します。

GetValue について

GetValueは、改行で区切られた値の一覧から、指定する行番号の値を返してくれる関数です。