FileMaker

お役立ちブログ

数字の縦表示について

こんにちは。

今回は、数字を縦書きで表示したい際の方法について、紹介させていただきます。

あまり縦表示する機会はないかもしれませんが、はがきのレイアウト等に活用していただけるかと思います。

そこで使用する関数が、RomanZenkaku関数です。

FileMakerヘルプサイトに掲載されている構文と例を確認しておきます。

構文 

RomanZenkaku (テキスト)

例 1 

RomanZenkaku (“Macintosh”) は、「Macintosh」を返します。

RomanZenkaku関数は、テキストの半角の英数字を全角に変換してくれる関数です。

反対に、半角に統一したい場合にはRomanHankaku関数を使用します。

普段はあまりわざわざ全角にすることはないかもしれませんが、例えば、文字を縦表示にしたい際には、半角のままでは横向きに表示されてしまうため、全角に変換しておく必要があります。

数字縦表示のはがきサンプル

通常の表記は半角の方が見栄えが良いこともあるので、縦表示にしたいフィールドがある際には、別途変換用の計算フィールドを設けるのがいいかもしれませんね。(画像では加えてハイフンをひらがなに変換しています)

ぜひ活用してみてください!

参考サイト:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/romanzenkaku.html

その他の記事

IsEmpty について

IsEmpty は、フィールド内が空欄、またはエラーが発生した場合は真(1)を返す関数で、様々なシーンで便利に使うことができます。

Letについて

今回は、様々な式に組み込み活用することのできる、Let関数についてご紹介します。

Substitute について

Substitute関数とは、指定したテキスト内にある文字や記号を、特定のテキストに置き換えることができるという関数です。

Middleについて

今回は、フィールドの値を1文字ずつ取り出して配置したい際に活用できる、Middle関数のご紹介です。