FileMaker

お役立ちブログ

Letで経過日数の計算式を作る

以前ご紹介したLet関数について、ヘルプページにもたくさん例はありますが、より実務に近い形の使用例をご紹介したいと思います。

まずはLetのヘルプページのおさらいからです。

Let

計算式の実行中またはスクリプトが終了するまで、またはファイルが閉じられるまで指定した式の結果に変数を設定します。

構文 

Let ({[} 変数 1 = 式 1 {; 変数 2 = 式 2...]}; 計算)

Let関数のいいところの一つとして、複雑な計算をわかりやすく一発で組み込むことができます。

下記は、経過日数をレイアウト上に表記したい際に組み込むと便利な計算式です。

Let ( 

~today = get(日付) ;

~day = 販売::販売日 ;

~d = ~today – ~day ;

]

Case ( 

~d = 0 ; “今日” ;                                     ……0日前に作成されたレコード

~d = 1 ; “昨日” ;            ……1日前に作成されたレコード

~d < 7 ; ~d & “日前” ;          ……2日〜6日前に作成されたレコード(日数表示)

Int ( ~d / 7 ) & “週間前” ;                      …….7日以上前に作成されたレコード(週単位表示)

)

 

”0日前”や”1日前”よりも、”今日”や”昨日”の方がわかりやすいですよね。

そうした工夫一つでレイアウト構成がより良いものとなっていきますので、ぜひお試しください。

FileMaker開発記事

栽培管理システム

栽培管理システム とは、植物工場 での野菜栽培において、膨大なデータを一括管理できるシステムです。高品質な野菜を栽培するために必要なあらゆる情報を見える化し、業務効率向上を図ります。

顔パス受付システム

AIサーマルカメラとFileMakerとの連動による新型受付システムです。
顔認証で体温測定と受付を同時に完了、会員登録の手間も不要に。学習塾などでは入退出時に親へメール自動送付サービスもつけられます。

CRM 顧客管理システム

顧客の現状を俯瞰し、商談状況を一望、そして営業成績を向上させる……企業が顧客との関係をより深く把握し、戦略的に顧客へアプローチすることが可能になるシステムです。

墓掃除システム

墓地管理、墓地清掃、供花管理など、定期的な作業を標準化。煩雑な業務作業の見える化を可能にするシステムです。

その他の記事