FileMaker

お役立ちブログ

タイムスタンプのシリアル番号化

以前の記事で、タイムスタンプをシリアル番号のように扱いたい際に活用する関数についてご紹介させていただきました。

その際は Substitute と TrimAll を使用する方法をご紹介しましたが、今回は別の方法をご紹介したいと思います。

GetAsText、GetAsNumberを活用していきます。

完成形がこちらです。

GetAsNumber ( GetAsText ( Get ( タイムスタンプ ) ) )

 

 

Get ( タイムスタンプ ):2022/12/26 09:00:00

→ GetAsText ( Get ( タイムスタンプ ) ):2022/12/26 09:00:00

→ GetAsNumber ( GetAsText ( Get ( タイムスタンプ ) ) ):20221226090000

の順序で変換していきます。

不要な記号やスペースを取り除くのはGetAsNumberの役割なのですが、その前に、 GetAsTextで、タイムスタンプをテキスト化する必要があります。

もし直接 GetAsNumber を当てれば、

GetAsNumber ( Get ( タイムスタンプ )) :63807652048

と、日付がシリアル番号化されてしまうので意味がなくなってしまいます。 

ぜひ活用してみてください。

 

その他の記事

DayOfWeekについて

今回は、計算式で週の月曜日の日付を算出する方法をご紹介します。
関数は、DayOfWeekを使用します。