FileMaker

お役立ちブログ

Get (最終メッセージ選択)について

今回も、前回同様取得関数から、Get (最終メッセージ選択)についてです。

まずは、ヘルプページに掲載されている、構文とその説明についてご紹介します。

構文 

Get (最終メッセージ選択)

説明 

この関数が返す値は次のとおりです:

  • 1」- 最初のボタン (デフォルトでは [OK] ボタン) がクリックされた場合
  • 2」- 2 番目のボタン (デフォルトでは [キャンセル] ボタン) がクリックされた場合
  • 3」- 3 番目のボタンがクリックされた場合

この関数は、カスタムダイアログを表示し、その後のステップを指定したい時に使用する関数です。

例えば、入力画面で情報を入力後、決定前に情報確定の確認を促したい、とします。

決定ボタンに

カスタムダイアログを表示 [“情報を確定します”](1:OK 2:キャンセル)

と設定を行なった後に、

If ( Get (最終メッセージ選択) = 2 )
  現在のスクリプト終了
End If

とすることで、2のキャンセルをクリックした場合には、スクリプトの途中で終了させることができます。

カスタムダイアログの基本的な動作のご紹介となりましたが、ぜひご活用ください。


 

 

参考サイト:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/get-lastmessagechoice.html

 

その他の記事

Year,Month,Day について

この3つの関数は、日付の値を返す関数で、単独で使用することもできれば、先週ご紹介したDate関数と組み合わせて活用することもできます。

JSON関数について

FIlemakerのスクリプト上で大量のデータを扱う際に万能に活用できるJSON関数について、活用意義や関数の一覧についてご紹介します。