FileMaker

お役立ちブログ

PatternCount について

こんにちは。
本日より、FileMakerを使用する際の便利な関数など、ちょっとしたお役立ち情報を投稿させていただきます。

今回は、関数 Patterncount の活用方法をご紹介します。

まずは、FileMakerヘルプサイトに掲載されている構文と例を確認しておきます。

構文 
PatternCount ( テキスト ; 検索テキスト )

例 
PatternCount ( “Mississippi” ; “is” ) は、「2」を返します。
PatternCount ( 参加 ; “ ゲスト” ) は、[ゲスト] チェックボックスが「参加」フィールドで選択されている項目の1つである場合、「1」を返します。

Patterncountとは、上記のように、テキストの中に文字列がいくつ含まれているかを返す関数です。

この構文でテキストフィールドを扱う際の活用方法をひとつご紹介します。

テキストフィールドを扱う場合、検索テキストがテキストフィールド内に含まれれば1、含まれなければ0を返します。
If構文中で使用する際には結果は正か誤かで返ってきます。

例えば、見積進捗を表示するテキストフィールドに、
「見積作成中」「見積申請中」「入金待ち」「入金済」
の項目があり、「見積作成中」「見積申請中」だけ表示の文字を青くしたい場合は、

 条件とする計算式:Patterncount ( 進捗 ; “見積” )
    文字色:青

を条件書式として設定することで、表示分けをすることができます。

単語単位での判別ではないので、「見積作成中」「見積申請中」と一つずつに条件を設定せずとも、”見積”としておけば、フィールド内に”見積”がある場合”正”である、という認識をしてくれるところが便利な点ですね。

様々な場面で活用できる関数ですので、ぜひ使ってみてください。

参考サイト:https://help.claris.com/ja/pro-help/content/patterncount.html?Highlight=patterncount

その他の記事

ValueCount について

ValueCount関数は、GetValue関数と同じく、改行で区切られたテキスト値の一覧を適切な形で返してくれる関数で、テキスト値の合計数を返してくれます。

IsEmpty について

IsEmpty は、フィールド内が空欄、またはエラーが発生した場合は真(1)を返す関数で、様々なシーンで便利に使うことができます。