FileMaker

お役立ちブログ

マージ変数について

今回はレイアウト表示に活躍できるマージ変数についてです。

まずはヘルプページ記載の概要をご確認ください。

レイアウトへのマージ変数の挿入

変数からの値を表示するマージ変数を作成することができます。

マージ変数は、グローバルフィールドまたは非保存の計算フィールドで実行されるタスクに使用できます。
たとえば、請求書の下端で総コストを表示することや、レポートの印刷に使用するアカウント名を表示することができます。

ブラウズ、検索、プレビューの各モードで表示した場合やレコードを印刷する場合に、マージ変数値を確認できます。

 

レイアウト上にマージ変数を挿入するには:

  1. [変数を設定] スクリプトステップ を使用して変数を作成します。

    マージ変数として使用するグローバル変数の作成をお勧めします。

  2. レイアウトモードで変数を挿入するレイアウトをクリックし、[挿入] メニュー > [マージ変数] を選択します。

    たとえば、マージ変数をレイアウト上のテキストブロックや変数自身に挿入します。

    フィールドや表示するその他のオブジェクトには挿入しないでください。

    レイアウトに空のマージ変数 (<<$$>>) が表示されます。

  3. 空の変数で $$ と >> 記号の間をクリックしてから、マージ変数名 (手順 1 で作成した変数名) を入力します。

上記の画像では、ページ数をマージ変数で作成しています。

印刷物の作成方法によっては取得関数のページ番号を使用できない場合もありますので、マージ変数としてスクリプト上で作成すれば同様の表示ができるようになります。

作成方法は、グローバル変数として変数を設定し、それをマージ変数<<$$>>の方式でレイアウトに表示すればOKです。

 

印刷物レイアウトには、マージ変数はじめマージフィールドの使用も大変便利です。

マージフィールドについては過去にも記事として紹介していますが、次週改めてご紹介させていただきます!

FileMaker開発記事

栽培管理システム

栽培管理システム とは、植物工場 での野菜栽培において、膨大なデータを一括管理できるシステムです。高品質な野菜を栽培するために必要なあらゆる情報を見える化し、業務効率向上を図ります。

葬儀システム

葬儀プランを構成する複雑な商品・サービスのすべてをシステム上で一元管理。受付から施工・請求までスムーズに対処できます。タブレット活用により、誰でも簡単にプラン見積が可能に。

顔パス受付システム

AIサーマルカメラとFileMakerとの連動による新型受付システムです。
顔認証で体温測定と受付を同時に完了、会員登録の手間も不要に。学習塾などでは入退出時に親へメール自動送付サービスもつけられます。

受発注システム [EC-CUBE連携]

受発注業務をEC-CUBEと連携する事により、顧客情報と受注情報それぞれの入力を自動化。その後の各種事務手続(伝票作成・郵送業務・売上レポート作成等)すべても同時に効率化するツールです。

その他の記事

Quoteについて

テキストをダブルクォーテーションマークで囲んだテキスト形式で返す、Quoteについてです。